ロシアの美人レイヤーが日本上陸【秘蔵コスプレ画像集】

 今月21日、あいにくの梅雨空の下、ユメ(ノ)ソラホールディングスが開催する「ゆめ祭り 2015 in 幕張メッセ」に多くのコスプレイヤーたちが集まった。

 この日の目玉は「Yume(no)sora Cosplay Collection」。特別ゲストに招かれたのは、ロシアから来た3人。ロシアといえば、「美人すぎる」の枕詞が定番。その異名に違わない美人っぷりであった。モデルとも見間違うこの美女ら正体はなにか? 直撃インタビュー。

ロシアの美人レイヤーが日本上陸【秘蔵コスプレ画像集】

ステージに登場したロシア人コスプレイヤーたち。あまりのスタイルの良さに、男性ファンは失神寸前であった

 この日訪れたのは、アリーナちゃん、フローセルちゃん、ゲーシャちゃんの3人。彼女らはモスクワにて毎月のように開催されるコスプレイベントに参加しているという。さっそくだが好きな日本のアニメを聞いてみた。

フリード・アインハルト姿のゲーシャちゃん

フリード・アインハルト姿のゲーシャちゃん

「『進撃の巨人』『ハウルの動く城』です」とは、男前のゲーシャちゃん。イケメンだがこれでもれっきとした女性。彼女はコスプレサイト「WorldCosplay」上にて、何度も世界ランク1位を獲得。世界中に名の知れた存在。『進撃の巨人』のリバイ兵長など男装が得意。普段は美容師をしているという。

ピンク衣装は、ルーシー・マリア・ミソラ。フローセルちゃん

ピンク衣装は、ルーシー・マリア・ミソラ。フローセルちゃん

 続いて『新世紀エヴァンゲリオン』が好きだという、フローセルちゃん。バツグンのスタイルなのにロリッコフェイスが魅力的だ。彼女に職業を聞いて見ると……。「製薬会社でビジネスアナリストしています」との応え。意外なプロフィールである。

メフメラというネコミミキャラになったアリーナ

メフメラというネコミミキャラになったアリーナ

『K』シリーズ、『桜蘭高校ホスト部』が好きというアリーナちゃん。ガーターベルトが生える魅惑の脚線美だ。彼女の職業は……「弁護士」! 超エリートではないか。いったいなぜコスプレをしているのか?

「友達に誘われたらハマッてしまいました」(アリーナちゃん)、「私も友達に誘われて。もともと写真やアニメが好きだったので」(フローセルちゃん)

 我々が思っていた以上にロシアでもコスプレを趣味とする人が多いらしい。下心満々の我々は、彼女らに日本人男子に興味があるか聞いて見たところ……。

「私、恋人がいるの」と全員が即答。ストレートな発言に落胆しつつも、食い下がってさらに聞いて見た。何をしたら、少しは関心を持ってもらえる?

「おいしいものを食べにつれて行ってくれたら、考えてもいいかも! 日本のドーナツとクレープはとってもおいしいわ!」(アリーナちゃん)とのこと。

 意外と庶民的な返事に好感触を感じた。

⇒【写真】はコチラ http://nikkan-spa.jp/?attachment_id=881318(ロシアン3人娘の秘蔵コスプレSHOT)

 完ぺきすぎるコスプレイヤーも、日本のスイーツなら振り向かせられるかもしれない! 本業が忙しい彼女らは、早々に日本をあとにしてしまうらしい。またの来日が楽しみである! <取材・文/武藤徉子 撮影/山本哲也>

●彼女たちが登録しているのは「WorldCosplay」 http://worldcosplay.net
●ユメ(ノ)ソラホールディングスとは? http://yumenosora.co.jp/

新感覚の氷点下ハイボール「ブラックニッカハイボール(350ml)6缶セット」を抽選で10名様にプレゼント

NIKKA
sponsored
「フリージングハイボール」とは、 クセのないクリアな飲み心地のブラックニッカ樽詰めハイボールを使いアサヒビールが独自に開発した氷点下(-2℃~0℃)抽…

合コンで「痛い男」認定される言動――初対面で年齢や容姿をいじる、勝手な判断やアドバイスをしがち…

合コンで「痛い」認定される男の発言には特徴がある
 飲み会や合コンでは、日夜「痛い発言」が飛び交っている。どんな発言が痛いと思われてしまうのか。ツイッターで男性の勘違いや女心の機微をつぶやいて多くのR…

連載

ばくち打ち/森巣博
番外編その3:「負け逃げ」の研究(32)
メンズファッションバイヤーMB
「冬のセール」で“格安良品な服”を手にいれる3つの方法
山田ゴメス
女子の間で秘かに流行りつつある「朝セックス」ブームは、男にとっても好都合なワケ
オヤ充のススメ/木村和久
“デリヘル先生”だけじゃない、最近の風俗トラブル&摘発に異変あり!?
フミ斎藤のプロレス講座/斎藤文彦
ストーンコールド“ロイヤルランブル”初優勝――フミ斎藤のプロレス講座別冊WWEヒストリー第240回(1997年編)
英語力ゼロの46歳バツイチおじさんが挑む「世界一周 花嫁探しの旅
「今夜、君に恋に落ちてしまいそうだぜ」――46歳のバツイチおじさんはクサすぎるセリフをさらりと口走った
原田まりる
芸の細かさが目立った2016年地味ハロウィン
大川弘一の「俺から目線」
3000円のハンバーガー――連続投資小説「おかねのかみさま」
プロギャンブラー・のぶき「人生の賭け方」
カップル成立数は100組超!「巨大シェアハウスなら女性と出会わないほうが難しい」
爪切男のタクシー×ハンター
風俗店で一回の射精と一回の恋をして気づく「人を好きになるのに理由なんていらない」
フモフモ編集長の今から始める2020年東京五輪“観戦穴場競技”探訪
希望の星は16歳のJK! ジャッジ次第で天国と地獄[五輪最恐の採点競技]とは?
元SKE48/SDN48・手束真知子の「フリーランスアイドル論」
アイドルはいつでも迷っているんです「集客ができない! フォロワーが少ない! 肩書きがない…」
おじさんメモリアル/鈴木涼美
「ね~え、一緒にお風呂入ろう?」リーマンショックで落ちぶれたおじさんの哀号
僕が旅に出る理由 in India/小橋賢児
北インド秘境で「宇宙に住んでいる」と実感した――小橋賢児・僕が旅に出る理由【最終回】

投稿受付中

バカはサイレンで泣く 投稿受付中
佐藤優の人生相談 投稿受付中