恋愛・結婚

レンタルルーム店が、デリバリー系風俗の利用客にお願いしたいこと

価格競争や新サービスの誕生で接客業が進化するなか、あなたも気づかぬうちに迷惑客になっているかも……? [好かれる客/嫌われる客]を探るべく、プロの本音に迫った

【レンタルルームで好かれる客/嫌われる客】
◯ オナクラ好きの客
× バック好きの客


 デリヘルや出張エステなどデリバリー系風俗が増えているなか、世のサラリーマンに欠かせないのが60分2000円前後で使えるレンタルルームだ。店員が語る。

店員が選ぶ[好かれる客/嫌われる客]

(画像はイメージです)

「ウチは回転率で稼ぐから、一番好かれる客はオナクラ(※手コキで抜いてもらう風俗)利用者。抜いて速攻で帰ってくれるから」

 意外だったのは、汚す系の客がさほど嫌われてないという点だ。そこにはラブホテルとは違った設備が理由にある。

「布団もないし、タオルは風俗嬢の持参が多い。ベッドはビニールでカバーされているから、生理の血だろうが精液だろうが、拭けば対処できる。臭いも鬼のようにファブリーズすれば問題ナシ!」

 だが、頑丈さがウリだからこそ、時折現れる「破壊王」は嫌われる。

「ベッドのビニールが破れたら、その部屋は丸一日使えなくなっちゃう。だからしっかり膝をついて、猛烈に動く客はヤバい。例えばバックで突きまくってシートが破れてしまって……。店経由で呼び出して再度来させて、修理費を払わせたこともあったね。なるべく本番はしないでほしい。その点でもオナクラはほとんど寝っ転がってるだけだから危険度も低い」

 また、3畳ほどの狭い個室が連なるだけに、騒音も迷惑とか。

「女性ならまだしも、男性が責められて『アァァァ~ン!』と低い喘ぎ声をあげたときは、ほかの部屋からクレームが来て、ニヤニヤしながら注意させてもらいました」

 店的には淡々と射精するほうが好かれるようだ。

― 店員が選ぶ[好かれる客/嫌われる客] ―




おすすめ記事