雑学

40代以上の中年が「買ってはいけないユニクロ」ワースト3

 メンズファッションバイヤー&ブロガーのMBです。洋服の買いつけの傍ら、「男のおしゃれ」についても執筆しています。連載第72回目をよろしくお願いします。

メンズファッションバイヤーのMB氏

メンズファッションバイヤーのMB氏。「『オシャレに見える』にはちゃんと理由があるんです」が持論(撮影/難波雄史)

 今回は40代以上の読者に向けて、つい買ってしまいそうだけど、「買ってはいけないユニクロ」を特集します。若々しく見られるためには何を買ってはいけないのか、ぜひご参考に。

ワースト3位:「加齢とともにベージュを着たくなる病」に負けるな!!

40代以上の中年が「買ってはいけないユニクロ」ワースト3

ベージュ病にかかるな!

イージーケアツータックチノ 2990 円(+税)

 なぜか歳をとるとベージュを買いだすのか。くすみの出てきた自分の肌と相まってカムフラージュのつもりなのでしょうか。さらに加齢を重ね、50、60代ともなるとアウター「ベージュ」、インナー「ベージュ」、ボトムス「ベージュ」とワントーンコーデを実践する方も増えてきます。私の田舎の親戚はそこへさらにベージュのサファリハットをかぶって、ベージュの車に乗って出迎えてくれます。どんだけ好きなの……。

「黒は礼服やスーツっぽい」
「白は汚れが目立つ」
「明るい色は派手すぎる」

 そんなふうに考えているのか、はたまた無意識なのか定かではありませんが(ちなみにウチの親戚は「なんとなく」と答えておりました)、ともあれベージュは中年が好む色ですが、イメージ的にも「くすみ」「色褪せ」を意識させてしまい加齢をさらに強調する結果となります。

 大人になればなるほど、クリーンな色を好むべき。シワやくすみなど経年の蓄積によって顔や体にヴィンテージ調の「味」が生まれてくるからです。洋服のスタイリングって全身ヴィンテージで合わせたら「ただの汚い古着スタイル」になるのですよ。パリッとした白シャツにヴィンテージデニムを合わせるから「アクセント」となりバランスが生まれ格好よさが出るのです。

 顔や体に「味」が出てきたら、選ぶ洋服は真っさらな白シャツやシックな黒パンツなどクリーンなほうがバランスは取れます。

 こういったトラウザーもついついベージュやカーキを選んでしまいがちですが、白黒ハッキリとしたクリーンなものを選びましょう。またこのパンツ、ツータックでかなりゆるめのサイズ感。しかもベージュで加齢をイメージさせ、もっさりとした太めシルエット。このパンツを履くだけで見た目年齢が5歳はUPします。若々しくおしゃれに見せたいなら、できればノータックの細みを、そして色もクリーンな黒や白などを選びましょう。

次のページ 
ワースト2位

1
2
3
最速でおしゃれに見せる方法

誰も言葉にできなかった「男のおしゃれ」の決定版




おすすめ記事