ニュース

竹中平蔵さんの「年金で高齢者全員を生活させるのは無理」発言は事実を伝えただけ【ひろゆきのネット炎上観察記】

― ひろゆきのネット炎上観察記 ―

【国は老後の生活を支えない。元大臣の年金見解が大炎上】

 元金融担当大臣・竹中平蔵氏が炎上している。同氏は年金に対し「今の日本の問題は、老後国が支えてくれると思い込んでいること」「生きる分のお金は自分で貯めておかないとダメ」と持論を展開。これを受け、ネット上では「世代間互助の意味がない。それならば現役世代は自分のために貯蓄できるようにするべき」など、年金制度への不満が爆発している

「みんなの介護」のHPより

「みんなの介護」のHPより

愚者と賢者は紙一重? 両者がたまに同じ言動な理由


 世の中は不思議なもので、普通の人はしないけど、愚者と賢者が同じ言動をすることがあります。例えば、「真実ではあるけど、それを言うとバッシングされるから黙っていたほうがいいよね」ってなタイプの言動がこれだったりします。有名大学に通う不細工な女子大生に「今のうちに彼氏を作って早めに結婚したほうがいいよ。同級生は就職すると、年下の若くて可愛いコが寄って来るようになるから競争率が上がるし」みたいなアドバイスをするのって、すげー失礼なことだし反感を買うから言わないほうが賢明なのと同じですよね。。。んでも、世の中、綺麗事では回っていないわけで、そうやってアドバイスされて実行したら得だったってことを10年後ぐらいに気づいたりするわけです。。。

 ってことで、竹中平蔵さんがサイトのインタビューで「年金で高齢者全員を生活させるのは無理」ってな発言をしたのが話題になってまして、「国家としての役割も放棄しはじめたか」とか「だったら最初からそう言っとけよ」「ふざけてるの?」とかバッシングされているようです。

次のページ 
当たり前の話でも耳障りな感じだとバッシング!?

1
2




おすすめ記事