雑学

金持ちより貧乏人のほうが幸福度は高い――その根拠を分析してみた

15年間、世界中のカジノを放浪して勝ち続けてきたプロギャンブラーのぶき。「『人生』とは自分軸で生きること、『賭け方』とはこの1時間をどう使うかの戦略だ」と言い切る。世間体から解き放たれ、「スマイル基準」で人生を勝ちへ導く男が語る生き様論。

プロギャンブラー・のぶき「人生の賭け方」〈第26回 金持ちより貧乏人のほうが幸福度は高い――その根拠を分析してみた〉

 僕のプロギャンブラーという仕事に興味をもってくれたとき、「収入っておいくらなのですか?」そう聞かれることが多い。自分の思考や人生観などは、自分で把握しにくいものだ。他人への質問や視点が、実は自分という視点の鏡となる。

 仕事とは生きている大事な時間を使い、その見返りとしてお金を得る。でも、仕事の見返りはお金だけか? さらに言えば、「時間を使う=人生」なのだから、人生も収入を気にしすぎている。つまり、「収入いくら?」と聞いてくる人は、人生をお金に支配されすぎているかも知れない。

【人生で大事なのは、お金より時間だ】by人生の賭け方

 仮に、2択で今からの人生を問いたい。

「1億円をもらえるけど今すぐ死ぬか、お金はもらえないけど1年の命をもらえるか?」

 これなら、みなが余命を選択する。つまり、大事なのは「お金 < 時間」なのに、僕らはその現実をすっかり忘れている。

 人類は物々交換で暮らしてきた。つまり、本来はお金がなくても生きていけるのが人類だ。人類史でお金が紛れこんだのは、つい最近の話だ。

次のページ 
お金と幸せは異次元のベクトル

1
2
勝率9割の選択

自らの人生は、自らの手でつかむ!!

ギャンブルだけで世界6周

15年、82ヶ国、500のカジノを旅した、勝負×旅エッセイ!




おすすめ記事