スポーツ

「二刀流・大谷翔平の嫁は、誰が適切なのか」問題を考える。大谷だけ一夫多妻制に!?

―[村橋ゴロー]―
 今季、投げては163キロ、打っては打率.331ホームラン20本(9月2日現在)。投打ともに球界最高峰のレベルに成長なりつつある、二刀流・大谷翔平。現在、首位ホークスとの熾烈な優勝争いを繰り広げるチームにおいてその投打での活躍が期待されているのだが……、ネット界においては野球とは別のところでアツイ“大谷論争”が起こっているのは、御存知だろうか? 大谷翔平

100年に1人の大谷。その嫁問題は、日本の問題!?

 それは……「大谷翔平の嫁は、誰が適切なのか問題」である。もちろん、大きなお世話であることは間違いない。愛する人と幸せな結婚をし、それを祝福すればいいだけである。しかし、ネット民はそれだけでは許してくれない。その大きな理由が、 “193センチ・100キロの恵体、投打ともにメジャー級の超逸材。結婚して子どもができるとするなら、大谷の遺伝子を守らねばならない。だからそんじょそこらのタレント風情と結婚させてはならないのだ”  というもの。なかには、 “大谷の嫁問題は、日本の問題”  と言い切る者も。何だかコトが大きくなってきたぞ。  では大谷本人の好みは、どうなのだろうか? マスコミへのインタビュー素材をまとめると、 ・背が高い ・爽やかでスポーティ ・笑顔が素敵 ・一緒にトレーニングしてくれる  何と爽やかな、22歳の好青年なのか。しかし大谷本人がそう望んでいても、ネット民たちの“嫁の条件”は、さらに厳しい。 ・恵体(すぐれた遺伝子) ・身体能力 ・いい家柄(親族にたかられないように) ・美人(ルックスがいいに越したことはない) ・頭のよさ(食事管理やメジャー挑戦の際の語学サポートも重要) ・メンタルの強さ(寄って来る黒い連中や軽い女、マスコミから守る)  一体、何目線なんだよ! とも思うが、「家柄」に関しては妙に納得してしまった。
次のページ 
では、誰が大谷の嫁にふさわしいのか?
1
2
3
大谷翔平 二刀流

その軌跡と挑戦


俺たち妊活部―「パパになりたい!」男たち101人の本音

借金まみれのどん底ライターが妻と挑んだ、涙と笑いの妊活記録

Cxenseレコメンドウィジェット
おすすめ記事