雑学

「アジア人観光客」をカモにする、日本人による悪質ぼったくり被害報告

 韓国人観光客に対し大量にわさびを入れたことで問題となった「わさびテロ騒動」は大きなニュースになった。訪日外国人は2000万人を突破したが、驚くべきことに中国人や韓国人を中心に、アジア人観光客への差別や嫌がらせ行為も増えているという。観光客本人が体験した事例などを集めた結果……信じがたいエピソードが!

タクシーや夜の街で多発!外国人相手だと手口も大胆


※写真はイメージです

 かつてお人好しの日本人は、世界各地の観光地でぼったくりの格好のカモとなっていたものだが、今や日本人が外国人観光客をぼる時代になったようだ。

「浅草観光に出かけた際、ちょうど祭りの季節で、露店でお好み焼きを買ったんです。1万円札を出したら、お釣りが5000円少なかった。英語で抗議したけど、『払ったのは5000円札』とジェスチャーするのみでした」(30代の台湾人観光客)

 一方、多いのがタクシーだ。以下は中国版ツイッター「微博」に最近、綴られた被害報告だ。

「羽田空港でタクシーを拾い、銀座に向かいました。スマホで現在地を確認していたが、明らかに遠回りをしていた。不審に思って、英語でドライバーに話しかけたら、『ソーリー、ノーイングリッシュ』を繰り返すばかり。到着したらメーターは1万3000円。ホテルのコンシェルジュに聞いたら、相場は7000円だそう」

次のページ 
夜の街もぼったくり被害が多発

1
2





おすすめ記事