エンタメ

ファンとの関係がアイドルの“電撃引退”を招く!の法則【現役グラドル経営者・手束真知子】

 ミスマガジン2004、SKE48/SDN48の元メンバーという経歴を持ち、今は現役グラビアアイドルとして活動しながら、グラドルたちが働くカフェの経営者でもある手束真知子。そんな“二足のわらじ”をはく彼女だから語れる「フリーランスアイドル論」とは……?

⇒【写真】はコチラ https://nikkan-spa.jp/?attachment_id=1262653

手束真知子

アイドルとファンの間に距離が無い時代


 前回のコラムでアイドルが話している「ファンの好きな行動/嫌いな行動」をご紹介したんですが、それがけっこう反響ありました。そこでもう一歩踏み込んで今回は『ファンとの距離感がおかしくなって、アイドルが「電撃引退」してしまう……』という悲しい出来事が起こることをお伝えしたいと思います。

 これまでアイドルに気持ちを伝える方法は、年に数回のイベントやファンレター、ブログのコメントしかありませんでした。それが今は、イベントや撮影会、ライブ、公開収録などの「アイドル現場に会いに行く応援」が主流になり、それに付随して「アイドルとファンとの距離」がなくなっています。

 さらにSNSの普及により「○○へ行きました!」「こんなご飯を食べました!」「こんな服着ていました!」と、そのアイドルの1日の9割を把握できて、まさに「おはよう」から「おやすみ」までファンと一緒に存在するような時代になってきています。アイドルとファンという立ち位置はあるけど、もはやそこに距離はないのです。

次のページ 
しかしその一方でアイドルの本音は……

1
2
3
4
5
全力! フリーガール

「フリーランスで戦うグラドル」の全力な姿は必見!





おすすめ記事