スポーツ

美しすぎる女性ライダー岡崎静夏 時速200kmオーバーの世界で“男と競い合う楽しさ”

~もぎたて女子アスリート最前線 第24回~

 はっきり言って、可愛い。“アスリートにしては”可愛いのではない。“アイドル並みに”可愛いのだ。岡崎静夏、24歳。抜群のビジュアルを誇る美女の正体は、男子選手に混じりながら鎬を削るバイクレーサーである。岡崎は昨年10月、モトGP日本グランプリに出場した。結果は最下位に終わったものの、女性レーサーが世界選手権に挑んだのは実に21年ぶり。今、その走りに大きな注目が集まっている。

おかざき・しずか

「もともとは器械体操をやっていたんです。始めたのは3歳で、当時はかなり本格的に取り組んでいましたね。選抜の選手コースにいたし、そこではオリンピックを目指していましたから。全国大会も最高で2位まで行きました。だけど小5のとき、弟がポケットバイクに乗り始めたんです。それで私も乗ってみたら、すっかりハマっちゃって……。一時は器械体操とバイクで掛け持ちしていたけど、結局、器械体操は辞めちゃった。すごく悩みましたけどね。バイクのほうが面白かったんですよ」

 いつも乗っている自転車と違い、右手を回すだけでスピードが出る。「何これ!?」という衝撃と快感とが全身を貫いた。考えてみたら、岡崎の日常にはいつもバイクがあった。父も母もバイクに乗るため、近所のプールに行くときも移動手段はバイク。弟は父の背中に、自分は母の背中に掴まる。駐車場で車の行列に並ばず中に入れるのが、少女には誇らしかった。

次のページ 
さらなる転機が訪れたのは中3のとき

1
2
3
4





おすすめ記事