カーライフ

無料で手に入れたマーチが2年1万kmちょっと乗った後8万円で売れた話

 腕時計投資家の斉藤由貴生です。ネットの書き込みや知り合いなどから、たまに「クルマ無料(タダ)であげます」ということがあります。クルマって本来は高価なもののはずですが、需要がなくなったクルマの価値は最終的には無料になるようです。

 さて、そんな「誰かがいらない」といっているタダのクルマ。持っている本人がもういらないといってるのですから、「もらっても結局、高くつくのではないか?」と勘ぐる方もいるでしょう。しかし、そんな「無料クルマ」のなかにも、実はお宝が存在します。目利きができれば、何年か乗った後にいくらかで売る、なんてことも可能なのです。

開放感のあるマーチカブリオレ

 その1つがマーチ。このマーチといえば、日産自動車が80年代から生産する大衆車。5ナンバークラスのなかでは、最も安い価格帯に位置し、新車販売台数でもランキング上位に食い込む車種であるため、とても生産台数が多い傾向にあります。私は以前、このマーチを無料で手に入れ、2年1万kmちょっと乗って、最終的に約8万円で売ることができました。

 私が無料で手に入れたのは、マーチといっても超レアな1台。その名も「マーチカブリオレ」というオープンカー仕様のマーチです。

 このクルマ、1997年にデビューした後、1999年ごろまで生産されていて、総生産台数は約4000台ともいわれています。4000台というのは、クルマの生産台数としてはかなり少ないほうで、その数値だけでもレアカーといえるでしょう。

 マーチなのにオープンという時点で、かなり珍しいですし、しかもホロは高級車のように電動で開きます。

 そして、私がもらったマーチにはさらにレアなポイントが存在。それは、5MT仕様だったのです。当時のマーチにはATやCVT、4MTなど、さまざまな変速機が用意されていましたが、マーチとしては高級な位置づけのマーチカブリオレの変速機はCVTと5MTも設定。とはいえ実際のところ、マーチカブリオレを新車で買った人のほとんどはCVTを選択していたようで、5MT仕様のマーチカブリオレはほぼ現物が存在しないという超レアカーでした。

⇒【写真】はコチラ https://nikkan-spa.jp/?attachment_id=1355027

5MT仕様はかなりレア

 私は、この5MTのマーチカブリオレを手に入れるまでに、2年ほど中古車情報をチェックしていましたが、その2年の間に見かけたのは2台程度。しかも、そのどちらもCVTのマーチカブリオレと比べてかなり高い額で売られていました。

 ちなみに、ATよりMTのほうが中古車では高くなる傾向で、NSXのようなスポーツカーやマークⅡはもちろん、ベンツの190Eのようにスポーツカーでなくても、5MT仕様のアンファングが人気だったりします。

 ですから、私が5MTのマーチカブリオレが無料という情報を見つけたときは、迷うことなくメールを送信。オーナーからの返事には「ホロはボロボロで、クラッチも交換したほうがいい」と書かれており、走行距離10万km以上のクルマのイメージ以上に傷んでいそうでしたが、それでも私は大丈夫だと判断し、陸送業者を手配したのです。

 こうして、私の元にやってきたマーチカブリオレ。正直、初対面するまでは「どうなることか」と思ったりもしたのですが、実際に見てみると、ホロの側面がボロボロという程度で、そこまで程度は悪くなさそうでした。

次のページ 
運転してみると「ゴソッ、ゴソッ」という音が……

1
2
もう新品は買うな!

もう大量消費、大量生産で無駄遣いをするのはやめよう





おすすめ記事