雑学

「無印良品 vs ユニクロ」冬のインナー対決、500人の判定結果は…

 今年9月、菓子メーカーの明治が、人気を二分するチョコスナックの雌雄を決する投票イベント「きのこの山・たけのこの里 国民総選挙」の結果を発表した。このように、似て非なる同ジャンルの商品・サービスは少なくない。今回の対決は日々の生活に欠かせない肌着や生活用品だ。

無印良品vsユニクロ

無印良品vsユニクロ
「綿混あったかクルーネック長袖シャツ」(1290円)
「ヒートテッククルーネックT(9分袖)」(990円・税別)

毎日使う日用品対決!

※30~49歳の男性500人を対象に、10月1~5日の期間にウェブでアンケートを実施

<冬のインナー対決>

ユニクロ「ヒートテッククルーネックT(9分袖)」(990円・税別)82%★勝者!
無印良品「綿混あったかクルーネック長袖シャツ」(1290円)18%

「ユニクロは店舗が多く買いやすい」「冬場のインナーといえばヒートテック一択」とユニクロの圧勝だったが「着比べたら無印のほうが品質が良かったので転向した」という声も。

<スニーカー靴下対決>

ユニクロ「ショート」(390円)72%★勝者!
無印良品「スニーカーイン」(よりどり3足890円)28%

ユニクロ「ショート」(390円)

勝者! ユニクロ「ショート」(390円)

無印良品「スニーカーイン」

無印良品「スニーカーイン」

「安いので、パンツや靴下などはすべてユニクロで買ってる」とかなり信頼されているユニクロ。一方で無印ユーザーは「丈夫で長持ち」「歩いても脱げてこない」と質を評価。

<カミソリ対決>

Schick 「5枚刃ハイドロ5カスタム」(オープン価格)65%★勝者!
Gillette 「フュージョンプロシールド」(オープン価格)35%

「デザインが特徴的で目立つからつい買ってしまう」「ボールがハイテクっぽい」と独自性が評価されたGillette。一方でSchickは「安い」「切れ味がいい」とコスパの良さが人気。

<整髪料対決>

ヘアジェル 58% vs ヘアワックス 42%

「ナチュラルにまとめたい」ワックス派に対し「きっちり髪をキメたいスーツのときに、ジェルはマスト」「スポーツしても崩れない」と固定力の強さが決定打となりジェルの勝利。

<二日酔い対策対決>

ウコンの力 56% vs ヘパリーゼ 44%
(ウコンの力・ハウスウェルネスフーズ/希望小売価格190円・税別)★勝者!
(ペパリーゼ・ゼリア新薬工業/希望小売価格420円・税別)

「コンビニの目立つところにあるから買いやすい」「飲みやすい」というウコン派。一方、「ヘパリーゼはよく効くが、パッケージの肝臓の絵がなんかこわい」との声もあり一歩届かず。

次のページ 
総評

1
2





おすすめ記事