エンタメ

まさかの大ヒット、映画『翔んで埼玉』ネタを埼玉県人が解説「しらこばと」ってなに?

埼玉発祥の企業も登場

 大都会「東京」にも多くの店舗を構えるまでになった「ファッションセンターしまむら」は、埼玉県比企郡小川町の呉服店が発祥です。私の姉は浦和にある進学校に通っていましたが、当時はクラスメートに「シマムー」と呼ばれていじめられている子がいたそうです。 「いつもしまむらの服ばかり着ていてダサい」というのが理由だったとか。それが今や若者の人気ファッションセンターですよ。大した出世。  そして映画の衣装が豪華絢爛でした。登場人物たちの服のデザインが、いかにも魔夜先生が描きそうな感じなので「よく再現してるなあ」と思ってたのですが、よく見てみたら全然違うデザインなんです! 違うけど、同じに見える。映画スタッフのセンスの良さを感じます。
 ストーリーも、原作2割、創作8割といった感じですが、全く気になりません。よく映像化の際に、原作に忠実になろうとして、なにが言いたいんだかわからないストーリーになっていたり、むりやり原作のセリフだけ入れ込んで「そうじゃない感」満載になってることがあります。この作品は、原作のノリやテイストからブレてないんですよ。馬鹿馬鹿しさに輪がかかってて、もう映画館でずっとニヤニヤしてました。原作ファンにもかなりオススメです。

全ての“県人”に観てほしい!

翔んで埼玉

『このマンガがすごい! comics 翔んで埼玉』(宝島社)

 魔夜先生といえばBLのイメージがありますが、映画にもいくつかBLシーンがあります。これがとんでもなくエロ美しかった!!! とても実写とは思えませんでした。かなり短縮されているらしいので、ノーカットで見たい!
 また、千葉と埼玉の「出身地対決」で、アルフィーの高見沢さん(埼玉県蕨市出身)の旗が揚がります。この写真を撮ったのが、日刊SPA!「コンビニランチを“男らしくSNS映えさせる”方法」を監修したカメラマン加藤千絵氏だとか。ちなみに加藤さんは千葉県出身です。あわわ。  映画を見終わった後の爽快感と幸福感がとんでもなかったです。全ての埼玉県人に観てほしい。  映画は、海外でも上映されるそうです。私は今まで、外国に旅行に行って「日本のどこから来たの?」とか聞かれたとき「トーキョー」とか答えてました。「サイターマ」とか言ってもみんな知らないからです。必ず「ネクストtoトーキョー(東京の隣)」と付け加えなければいけないので、省略してるんです。  でもこれからは、世界に「サイタマ」の名前が知らしめられたんですよね、「アイム from サイタマ」で、「オー、あの?」とか言われるんですよね……? 「翔んで埼玉」は、埼玉県人すべてを救ってくれるでしょう。ああ……、埼玉に生まれて本当に良かった!!<取材・文/和久井香菜子>
1
2
Cxenseレコメンドウィジェット
おすすめ記事