ライフ

3人に1人が発症!? 大人の水ぼうそう「帯状疱疹」の恐怖

 中年を襲う意外と知られていない病気のリスク。「本当は怖い中年の病気」第4回は、水ぶくれを伴う発疹とともに動けないほどの強い痛みに襲われる「帯状疱疹」だ。
帯状疱疹

©社団法人日本皮膚科学会

 この帯状疱疹、病気自体はよく知られており、「過労気味の上司などがこの病気で倒れた」なんて話はどの職場でも耳にすることだろう。  だが、日本人の3人に1人が発症し、後遺症が残ることもあると聞けば、初耳の人も多いのではないだろうか?  世田谷そのだ皮膚科院長の園田広弥氏は、帯状疱疹のリアルをこう語る。

50代から発症率が急激に上昇

「そもそも帯状疱疹の原因は、『水痘・帯状疱疹ウイルス』という水ぼうそうのウイルスです。幼少期に感染することで水ぼうそうとして発症しますが、治った後もウイルス自体は体内に潜んでおり、免疫力によって活動が抑えられた状態にあります。しかし、加齢やストレスによって免疫力が低下することで、ウイルスが暴走。神経に沿って皮膚まで達し、発疹や強い痛みを引き起こすのです」(園田氏・以下同)  この「水痘・帯状疱疹ウイルス」は日本の成人の9割以上が体内に保持しているため、ほぼ誰にでも発症のリスクがある。 「そのトリガーは免疫力の低下であるため、特に50代から発症率が急激に高まります。帯状疱疹患者の約7割が50歳以上であり、日本人は80歳までに約3人に1人が発症を経験すると言われています」  帯状疱疹の症状自体は1カ月ほどで収まる。だが、その後も数カ月から長い時で数年間、痛みが残る後遺症にも注意が必要と園田氏。 「約2割の患者さんが、帯状疱疹後神経痛(PHN)に移行すると言われています。また、まれに視力の低下や難聴、めまいなどの合併症も引き起こし、最悪の場合、失明に至るケースもあります」
次のページ 
ワクチンによってリスク軽減が可能
1
2
Cxenseレコメンドウィジェット
おすすめ記事