雑学

頭痛に耐えかねて自殺する人も…【激痛を伴う病気ワースト5】

「血尿が混じった石が出るまで一晩、涙を流しながら耐えた。途中で気を失うかと思ったほど。医師が『出産と同列の痛みを感じる人もいる』と言うのも納得です」と語るのは、人生で二度も尿管結石に見舞われたという矢島浩一さん(仮名・41歳)。

 尿路結石の激烈な痛みは武勇伝として耳にすることも多いが、それを超えるほど痛い病気も存在するという。

 痛みの緩和を目的とした医療機関・富永ペインクリニック院長の富永喜代氏に聞いた。

itami

富永ペインクリニック院長・富永喜代氏

「厄介なことに、痛みというのは主観なので、同じ病気でも感じ方は人によって変わります。そこで痛みを客観評価するために使うのが、VASという0から10までの痛みスケールです。7~10なら相当に強いレベルで、特に10は『もう死んでしまいそうなほどの痛み』と捉えられます」

 その痛みスケールMAXの病気として挙がったのは「群発頭痛」。聞き慣れない病名だが、死にたくなるほどの凄まじい痛みで「自殺頭痛」と呼ばれるほどだ。

「頭痛と聞くと侮る人が多いのですが、群発頭痛は片頭痛とは痛みの質がまったく違います。突如ハンマーで殴られたような激烈な痛みが襲い、大人がのたうち回り、身をよじる。暴れまわった末に部屋の壁を殴りつけ、大きな穴を開けてしまう例も」(富永氏)

 これが1~2か月もの間、毎日深夜1~2時に襲ってくるというから怖ろしい。周囲の「頭痛ごときで」という無理解から孤独に陥り、メンタル的に参ってしまう方も少なくない。発症傾向は男性3:女性1というのも憂鬱な点だ。

次のページ 
帯状疱疹も危険!痛すぎる病気ワースト5は?

1
2
週刊SPA!10/25号(10/18発売)

表紙の人/ 石川恋

電子雑誌版も発売中!
詳細・購入はこちらから
※バックナンバーもいつでも買って、すぐ読める!




おすすめ記事