ライフ

「コンビニ醤油ラーメン」の実力。150円以下で買える至福の一杯…

 こんにちは。ほぼ毎日ラーメンを食べる会社員、麺すすり子です。  みなさん、普段通りとはいかない生活、大変おつかれさまです。みんなそれぞれがんばって、みんなえらい。普段と違うことをすれば、普段なら思いつかないことを思いついちゃうステイホーム期間。「みんながおうちで食べられるラーメンで、自分のラブを見つけ出してほしい!」と思いついたすすり子です。

「コンビニPB醤油ラーメン」と対峙!

 ということで今回、コンビニ大手3社プライベートブランドの定番「醤油ラーメン」を食べ比べしてみました。同じ「醤油ラーメン」でも、味や量などなど、違いはあるのか? いざ実食! 「醤油ラーメン食べ比べ」のラインナップはこちら。右からファミリーマート「コク旨中華そば」(142円)、セブンイレブン「スープが決め手中華そば 」(138円)、ローソン「芳醇しょうゆラーメン」(150円)です。なお、「醤油ダレを使ったラーメン」ということで、中華そば=醤油ラーメンという認識でおります。

胡椒と醤油が香り高いファミマ「コク旨中華そば」

 まずは、ファミリーマートの「コク旨中華そば」。基本スペックとしては… ・麺量:60g(3製品中、最多量) ・湯戻し時間:3分(3製品中、最短) ・麺の特徴:油で揚げたフライ麺  早速いただきます。胡椒がよく効いたようなスープ。胡椒と醤油のパンチを感じます。パッケージのとおり「濃いめの醤油スープ」です。街中華で注文した中華そばに卓上の胡椒を加えたような感じ。そこにフライ麺独特の風味の極細麺です。かの有名な「カップヌードル」を彷彿とさせる麺なのですが、裏面を見てみるとこのカップ麺の製造者は日清食品さん。やはり。  すすり子的、このカップ麺を食べる人のオススメは『サクッと3分で、ガツンと醤油ラーメンに食らいたい人』です。

本格的な鶏出汁がうれしいセブン「中華そば」

 次にセブンイレブンの「スープが決め手中華そば」です。基本スペックは… ・麺量:53g(3製品中、2番目) ・湯戻し時間:4分(3製品中、2番目) ・麺の特徴:独自製法のスチームノンフライ麺  それではいただきます。やさしい鶏お出汁の味がします。カップ麺ってここまでちゃんと鶏感出せるの? そこにやわらかくなめらかなノンフライ麺。このレポ、店舗の麺でもしたことあるな?? メンマのコリコリ食感までびっくりさせるね??? うーむ、驚きました。「ここまでイケる?」の連発。  すすり子的、このカップ麺を食べる人のオススメは『店舗のできたてに近いクオリティの醤油ラーメンを、今、いただきたい人』です。
次のページ
ローソンの醤油ラーメンは?
1
2
Cxenseレコメンドウィジェット
おすすめ記事