ライフ

「ボジョレー・ヌーボー」は美味しくないは誤解である

ボジョレー・ヌーヴォーはまずいの誤解

 本当にボジョレー・ヌーヴォーはまずいのでしょうか。決して、そんなことはありません。もちろん、作り手によりますが、十分に美味しい赤ワインです。少し冷やして、料理なら前半のメニューに合わせると楽しめるでしょう。食後に軽い感じで飲むのもピッタリです。
ボジョレー・ヌーヴォー

作り手によりますが、美味しいボジョレー・ヌーヴォーもたくさんあります

 ガメイというぶどう品種から作られるワインはいちごの香りがします。赤ワインの中でもなかなかないアロマなので、ぜひ香りを楽しんでください。  ペットボトルや紙パックではなく、ボジョレー・ヌーヴォーはちょっとお高めのボトルを選ぶことをオススメします。前述の通り、航空便の料金が乗っているからです。2500円くらいから上なら、十分にクオリティを楽しめると思います。  赤ワインを飲み慣れていないのにボジョレー・ヌーヴォーの解禁日に飛びつく必要はないと思います。しかし、赤ワインが好きなら、やはりイベントとしてボジョレー・ヌーヴォーを楽しむのは悪いことではないと思います。ちょっと奮発していい新酒を飲んでみましょう。そして、後日、ヌーヴォーではない、ボジョレーのワインを飲んでみましょう。新しい世界に出会えること請け合いです。お酒を毎晩飲むため、20年前にIT・ビジネスライターとしてデビュー。酒好きが高じて、2011年に原価BARをオープン。新型コロナウイルス影響を補填すべく、原価BARオンライン「Wi杯」をスタート。YouTubeチャンネルも開設し生き残りに挑んでいる
1
2
Cxenseレコメンドウィジェット
おすすめ記事