ライフ

借金苦の男のもとに寄せられる、読むと気分が悪くなるメッセージ

―[負け犬の遠吠え]―
ギャンブル狂で無職。なのに、借金総額は500万円以上。 それでも働きたくない。働かずに得たカネで、借金を全部返したい……。 「マニラのカジノで破滅」したnoteで有名になったTwitter上の有名人「犬」が、夢が終わった後も続いてしまう人生のなかで、力なく吠え続ける当連載は31回。  今回は、新年特別編! 犬さんに寄せられるマシュマロをちょろっと公開します。
犬のTwitterアカウント

犬のTwitterプロフィール

=====

匿名メッセージアプリ“マシュマロ”

「マシュマロ」というブラウザアプリがある。  匿名でメッセージを送ることができるよくあるタイプのアプリに見えるが、受け取る側は誹謗中傷や強い言葉、見たくない文字を設定すると事前にそういったマイナスのメッセージは弾かれ、優しい”マシュマロ”のようなメッセージだけが届くという。  知ったきっかけはYoutubeだった。配信者がライブ配信の中で、マシュマロに届いたメッセージを読み上げ、質問に答えたり応援メッセージに感謝の謝を伝えたりしていた。  自分の記事が上がる度に死ぬほど叩かれ、何なら「死んだ方が世間のため」とまでコメントされる僕にちょうどいいサービスだと思った。トゲのある正論を全部視界に入れずに見たいものだけを見ることができる。  インターネットとは不思議なもので、働きアリの法則のように、どれだけ不評な内容だろうと2割くらいの人は「面白かった」と言ってくれる。マシュマロを活用してその2割のコメントだけを集め、最高のインターネット空間を作ろうと思った。きっと僕は、愛に飢えていたのかもしれない。  見たいものだけ見る。好きなことで生きていく。  YouTubeはいつも大事な事を教えてくれる。

実例

 マシュマロを始めて2ヶ月。メッセージは200通くらい。さぞかし愛に溢れたインターネットが広がっているのだろう。 犬 マシュマロ1「犬!俺はお前のことよくわからんがとにかく愛してる!」 犬 マシュマロ2「こんにちは、犬さんの文を読むのが好きなので、noteも買って読ませてもらってます!最近はよく更新してくださって嬉しいです。小説も完成を楽しみにしています。ありきたりな事しか言えず申し訳ないですが、応援しています!」  なんと、なんと綺麗な言葉たち……。  これが世間、これが世論、これが社会か。今、僕の目には本来の姿の世界が映っている。確かにこれは病みつきになってしまいそうだ。自分を肯定する言葉ばかり見てしまうと、まだ何も知らなかった頃の万能感がムクムクと湧いてきてたまらない。今なら何をやっても許されてしまうのではないかという危険な思想が顔を覗かせそうになる。右を見ても左を見ても味方しかいないというのは、神輿の上から見た景色だ。  ふぅ、これは危ない、気持ち良すぎて気絶しそうだ。  だが僕のマシュマロはこれだけではなかった。
次のページ
悲惨なマシュマロ○○○○
1
2
3
Cxenseレコメンドウィジェット
おすすめ記事