ニュース

闇営業&アルコール提供の実態は県民性で異なるか。東京、名古屋、大阪の現場では

闇営業やアルコール提供には県民性が出る!?

 地域によって県民性が出た結果となった3度目の延長への飲食店の悲痛な叫び。一方で、見回り隊のアルバイトが感染対策チェックを適当にやっている、1日に何度も見回りに来るなど手際が悪い様子もニュースで報じられている。  見回り隊のアルバイトに払う税金があるのなら、遅延している飲食店への協力金を支払うのが先なのではないだろうか。 〈取材・文/日刊SPA!編集部〉
1
2
3
テキスト アフェリエイト
新Cxenseレコメンドウィジェット
Pianoアノニマスアンケート
おすすめ記事
おすすめ記事
Cxense媒体横断誘導枠
余白