ライフ

「50代で貯金0円」全世帯の約37%に。老後破綻しないためのお金の使い方とは

 厚生労働省の調べによれば50歳で「貯金0円世帯」は約37%に上る。このままでは老後破綻が必至な情勢だが、意外にも生き方一つで明るい老後を迎えられることが判明。50歳貯金0円男でも、幸せに老後を生き抜く方法を真剣に考えてみた!

全世帯の4割が該当。「50代貯金0円世帯」

50歳貯金0円男の老後

※画像はイメージです

 住宅ローンや子供の学費などを抱え、自分の老後の資金づくりに手が回らない50代は少なくない。  このような「50代貯金0円世帯」は’19年の「家計の金融行動に関する世論調査」によると3割に上っている。こうした夫婦はすでに老後破綻の危機に直面している。  だが、50歳からの生き方一つで老後破綻を免られるという。ファイナンシャルプランナーの長尾義弘氏が世帯年収510万円と仮定して、解説してくれた。

ローン&学費で貯金ゼロ……世帯年収510万円の場合

 50歳のサラリーマン、素波太郎一家(世帯年収510万円・妻50歳・娘18歳)をモデルケースに、50歳からのお金の使い方をシミュレーションしてもらった。 夫:素波太郎(50歳) 年収410万円/都内の中小企業に新卒で入社(勤続28年目の課長職) 妻:素波花子(50歳) 現在パート勤務/年収100万円(30歳まで正社員、その後専業主婦やパート) 娘:素波佳子(18歳) 大学1年生(今春4年制私立文系学部入学)  夫の給与と妻のパート代を合わせた世帯年収は、510万円。15年前に東京郊外に2500万円でマンションを買い、35年ローンで毎月7.5万円を返済している。今春、子供が私立大学に進学し、入学金・授業料などを払ったことで、夫も妻も貯金はゼロになった。 50歳貯金0円男の老後
次のページ
54歳から毎月5万円を貯金できるかがカギ
1
2
Cxenseレコメンドウィジェット
おすすめ記事