ライフ

「エアコンの冷房効率」を悪化させるNG行為。電気代が高くなる要因にも…

 皆さん、こんにちは。関東の某家電量販店に、十数年間務めている店員のスズキです。黒物から白物まで、ジャンルを問わずさまざまな商品の販売に携わり、店長も務めたことがある私が、日々の生活に役立つ家電の情報をお届けしていきます。

意外に知らないエアコンの正しい使い方とは?

家電量販店

※写真はイメージです(以下同)

 前回は、スポーツのお供にピッタリな「高性能ワイヤレスイヤホン」を取り上げました。今回はテーマを大きく変えて、「意外と知らないエアコンの賢い使い方/やってはいけない使い方」を紹介したいと思います。  本記事で取り上げるテーマは以下にまとめた3つです。 ①節約につながる温度設定と自動運転 ②室内の空気むらを減らすためのひと工夫 ③見落としがちな室外機のトラブル  特に③は知らない方が多いと思うので、ぜひ最後までチェックしてください!

①節約につながる温度設定と自動運転

 エアコンの電源は、こまめに切ったほうが電気代を節約できると考えている人が今も少なくありません。  ですが、エアコンは設定温度に室温を下げるまでのあいだが、電気代がいちばんかかると言われています。  頻繁にスイッチを付けたり切ったりしていると、かえって電気代がかかる可能性が高いのです。
次のページ
自動運転の賢い使い方は?
1
2
3
4
5
Cxenseレコメンドウィジェット
おすすめ記事