第90回

02年11月1日「ゲームか戦争か」

・来春”コンピュータチップ”がシンガポール先物取引所に上場される。先物取引とは、つまり大豆とかアズキとかトウモロコシの値動きに投資するアレである。8月頭に4ドル強だった256メガDRAMは、10月に入る頃には2ドルを切りそうになっていた。アズキ相場よりもこれは不安定な市場かも知れない。

・農産物の価格は天候異変に大きく影響されるが、チップのニーズにはパソコン業界とゲーム業界の新製品・ヒット製品情報が関係する。情報力に自信のある人はトライしてみてはどうだろう。

・それ以外に大きな要素として、軍事情勢も関係してくる。先進国の戦争には、チップをゴマンと積んだハイテク兵器がばかすか投入されるからである。逆に、パソコンやゲームの世界に大きな新製品の予定がないのに大容量チップの価格が暴騰した時は、何か起きると考えた方がいいかも。

02年11月4日「早稲田祭復活!」

・政治的な事情で中断していた「早稲田祭」が、学生主導の形で6年ぶりに再開。僕は学園祭については、体制側が制御する形も、一部団体が仕切る形もどちらも気色悪くて、学生時代は一度も行かなかった。しかしやりたい学生がさっさとやってしまうこの形態は、すごく正しいと思う。がんばってここからまた発展させてほしい。

・僕も講演会に呼んで頂いた。ネットでも本でも書ききれなかった「ひきこもり/ひらきこもり」論を、最新の極秘映像をいろいろと上映しつつ、1時間ほど話す。その後、会場に残った人達といろいろ雑談。普段あんまり真面目に学校来てないような人が多かったことが、うれしかった。ネット時代、知識に貴重価値はなくなったのだから、頭古くなってしまってる先生の授業をありがってないで、むしろこういうイベントを年中やってるべきだ。

・1000円札を「投げ銭」してくれた人もいて、嬉しかった。


02年11月5日「やっぱり!!」

・少年ジャンプ編集部に。『ジャンプデジタルマンガ賞』の受付が終了し、全応募作品が揃ったので。

・やっぱりこの領域はすごいことになっていた! どうすごいかは、そのうちいろんな形でリポートします。この企画を今年始めたジャンプは慧眼だった。と、10年後くらいに語られると信じる。

・と喜んでばかりはいられない。これから、僕も及ばずながら力添えしつつ、審査だけでなく、個々の作家さん達との深いコミュニケーションが始まることになる。一緒に歴史を作っていきましょう。

2005.01.03 |  第81回~

PROFILE

渡辺浩弐
渡辺浩弐
作家。小説のほかマンガ、アニメ、ゲームの原作を手がける。著作に『アンドロメディア』『プラトニックチェーン』『iKILL(ィキル)』等。ゲーム制作会社GTV代表取締役。早稲田大学講師。