第239回

11月18日「CM500本イッキ見」

・世界のCMフェスティバル。映画館(新宿ミラノ座)で、世界各国のコマーシャルフィルムを延々と上映するイベント。超満員の会場が数十秒ごとに大歓声で揺れるお祭り騒ぎが、オールナイトで続く。

・ネットCM時代になってテレビでは見られないような過激作品も増えている。まとめて見るには良い場だと思う。これからまだ各地で行われるそうなので、機会があったらぜひ。

・CFは1本数十秒の超ショートムービーとしても、もっと注目されて良いと思う。CMというジャンルがあまりに特異な形で成立しているせいで、有料コンテンツとしての価値を認められにくいことが今のところネックだろうか。


11月25日「渋谷ケータイ文化輸出?」

・スクウェア-エニックス社にて、連載コミック『プラトニックチェーン』の打ち合わせ。新刊は12月末に出ます。それから香港版・台湾版・韓国版も出ることになった。香港版のタイトルは『網路尋謎』台湾版は『柏拉圖之鏈』。網路はネットのこと。柏拉圖はプラトン。なるほど。

11月28日「よいお年を」

・僕は一般社会とは生活サイクルが違う。一日の長さの設定自体が違うのだ。大抵の人は体内時計と実時計に誤差がある。つまり一日25時間のはずなのに無理に24時間サイクルで生きてたりする。そのせいで毎朝目覚ましが鳴るたびにつらい思いをしているのだ。

・仕事上のコミュニケーションは、ネットとケータイで9割方足りるようになっている。だから今は自分のサイクルで生きていても弊害はほとんどない。たまに朝の6時頃にアポを入れようとして嫌がられたりすることはあるが。

・そしてここ数年は、パソコンの時計に細工をして、時計の進み方をほんの少し速くしている。1時間に1時間5分進むようにしてあるのだ。すると、1年が335日程度で終了する。そして毎年1ヶ月程度が、余る。

・つまり、僕のカレンダーではそろそろ年末である。そして1年終わった頃に、まるまる1ヶ月休めるわけである。いいでしょう。

2006.03.03 |  第231回~

PROFILE

渡辺浩弐
渡辺浩弐
作家。小説のほかマンガ、アニメ、ゲームの原作を手がける。著作に『アンドロメディア』『プラトニックチェーン』『iKILL(ィキル)』等。ゲーム制作会社GTV代表取締役。早稲田大学講師。