第390回

11月21日「叩く」

・12月発売の『レッツタップ』(Wii/セガ)サンプル版届く。コントローラーを持たずにプレイするゲームである。Wiiリモコンを置いた箱や台の表面を叩いて、その振動で操作するわけだ。

・叩くだけで操作すると聞いてもっと大味なゲームをイメージしていたが、違ってた。指先の皮膚感覚がそのままゲーム画面に伝わるほど繊細なのである。ばしばし叩くというよりピアノを弾くように微妙な力の入れ具合を調整しながらプレイする。

・制作者は、ソニックシリーズの中裕司さん。『Wiiミュージック』の宮本さんといい、第1世代のクリエーターが、インターフェイスの段階からゲームをいったん解体して作り直す作業に取りかかっていることはとても興味深い。

08113001.jpg

11月22日「遊ぶ」

・産学協同のブロジェクトに呼ばれ、協力を依頼された。ゲームのことを研究しているという学者さんと話した。結果から言うと、残念だけどお断りしてしまった。

・ゲームのことを研究しているのに、ゲームに実際にハマった経験がない、ということにコンプレックスがない人が多いのは不思議だったが、そのほうが客観性を保てるという言い訳があるんだね。けれどゲームにはいろいろな種類のものがあるという前提すら理解してなかったりすると、本当に困る。

・そういう人達は、マスコミ受けを狙って、記事になりやすい結論を先に決めてからそのために実験をするわけである。適当に選んだゲームを、被験者に電気ショックを与えたりしながらプレイさせて、ゲームは残虐性を加速するなんて主張している学者もいる。残虐なのはあんただろうが。

・そういう言説をゲームのプレイヤー側はもちろん無視する。ところがゲームを知らない一般層は本気にしてしまったりする。両者の距離はなかなか埋まらないのである。自分としては違う視点からのゲーム研究をそろそろ再開したいと思っている。取りあえず個人でできる範囲で、ゆっくりやっていくよ。

11月28日「耕す」

・農業を始めようと思っている。土地も購入した。鍬や鋤はどこで買えば良いのかと探していたが、かなり本格的なものが、近所(中野)の島忠であっさり見つかった。都心でも農業、もしかしたら静かなブームになっているのではないだろうか。理由はいろいろ考えられるよね。

2008.11.30 |  第381回~

PROFILE

渡辺浩弐
渡辺浩弐
作家。小説のほかマンガ、アニメ、ゲームの原作を手がける。著作に『アンドロメディア』『プラトニックチェーン』『iKILL(ィキル)』等。ゲーム制作会社GTV代表取締役。早稲田大学講師。