第440回

11月6日「下乳の人も来た」

・深見真さんという作家がいる。新刊の『猟犬』には、なんというか筋肉質の美女に胸ぐらを掴まれ一気に読まされてしまうようなパワーがある。この人ともKカフェのおかげで最近知り合うことができ、今日、一緒にニコニコ生放送をすることになった。

・深見さんは『剣闘士 グラディエイタービギンズ』のストーリーを担当していて、このゲームのプロデューサー・広瀬和彦さんとは共通の知り合いなのだ。世界は狭い、というわけではなく、そういうところなのだKカフェは。こういう人、こういう作品を応援することによって、クリエーター情報とゲーム情報を同時に発信する「ニコニコチャンネルGTV」の意図も、打ち出していきたい。

11月7日「新宿で夜更かし」

・新宿ロフトプラスワンにて、飯野賢治さんとヨシナガさんの 「気になること。4」というイベント。夕刻から夜中まではトークショウ形式で、0時まわったあたりから朝までは飲み会形式で。トークショウ部分では二人の視点とアンテナにひっかかってきた絶品ネタが次々と繰り出された。「3D」の話題は、これまでこの題材を扱ったどの番組よりも記事よりも面白かった。3Dカメラ(ファインピックス3D)みたいな新しくてすごいツールが出た時に、それを自分で持ってすぐに街に飛び出していくヨシナガさんのようなクリエーターからの発言が、一番大事なのだ。

・飲み会はあえてネタを決めずにだらだら雑談、という形式。決めておかないことで、予定調和の外側の何かが弾けるんじゃないか、という企みもあったんだろうと思う。それはすごく成功していたみたい。

・一人で行ったんだけど、客席に知り合いが多くて驚いた(具体的に書くとまずいかな)。休憩時間に、飯野さんとも久しぶりにじっくり話せた。そのままの流れで、僕もステージでちょっと(というか2時間ほど)喋らせてもらえた。

11月8日「移動式渡辺浩弐」

・最近のネットブックの軽さと速さと安さはすごい。特に安さは、通信料も含めて一昔前のケータイくらい、つまり高校生くらいでも持っていられるレベルだろう。今始めるならケータイよりこっちの方が現実的なんじゃないだろうか。

・ネットブックにデータカードを刺して「ニコニコチャンネルGTV」に繋いでみた。これでいつでもどこでも、歩きながらでもニコニコ生放送がやれるわけである。というか、やっている。中野ブロードウェイの中をぶつぶつ解説しながら歩いてみたり(屋上のアレも紹介)。6日には本放送の後、深見さんや広瀬さんと飲み会に突入してからその現場をだらだら流してみたり。

・これからは、したい時できる時いつでもいきなり始めようと思っている。が、問題は、それをどう告知するかってことだ。「ニコニコチャンネルGTV 」に入会(無料)してもらえばアラートを送ることができる。

・それからツイッターなら、直前につぶやいてお知らせすることができる。よろしければフォローしておいてください。そうかツイッターってこういう時に便利だね。

・主催者側のお許しが出たので、13日は学会の講演会の現場からやってみますよ。話の内容も、この企みに関係のあること(人類総放送局化計画について)なので、タイムリーなんです。

NICONAMA.jpg

2009.11.12 |  第431回~

PROFILE

渡辺浩弐
渡辺浩弐
作家。小説のほかマンガ、アニメ、ゲームの原作を手がける。著作に『アンドロメディア』『プラトニックチェーン』『iKILL(ィキル)』等。ゲーム制作会社GTV代表取締役。早稲田大学講師。