新着
ニュース
エンタメ
ライフ
仕事
恋愛・結婚
お金
カーライフ
スポーツ
デジタル

俺の夜

平成生まれのミニスカポリスと飲み、予想外の“いい話”で撃ち抜かれる夜

 今年の流行語大賞は「そだねー」に決定。とはいえ、忘年会の日時を後輩に確認したところ、LINEでひと言「そだねー」と返信されて、少しイラッとしたスパムです。さて、忘年会シーズン真っただ中。駅周辺のベンチでは酔いつぶれたサラリーマンに年末特別警戒パトロール中の警察官が声をかけている。平成最後の忘年会だし、ハメを外しすぎるのも仕方ないか。そんなことを考えて赤坂の街を歩いていたところ、“赤坂初のポリスバーが誕生”との看板を発見! んん、これは!?と、忘年会の前哨戦の意気込みで店へ向かった。

DMA-181130wh075

男心をくすぐるチラリズムが満載

 今回、ガサ入れしたのは東京メトロ赤坂見附駅近くにあるミニスカポリスバー「RedSlope 110」だ。店内はスナックのような雰囲気だが、モデルガンやパトランプなど警察グッズが置かれている、なんとも不思議な空間。そこへ登場したのは、アメリカンポリスの衣装を身にまとったメイサちゃん(20歳)と、女性警官のワカナちゃん(20歳)。想像してたミニよりもさらに短い公然わいせつギリギリのミニだ。グラスを合わせ「確保~!」という乾杯コールとともに宴が始まった。

美女ポリス

写真左からイクミちゃん、ワカナちゃん、メイサちゃん。20代前半を中心に20人の美女ポリスが在籍。毎日6人ほどが出動している

平成生まれにとってはもはや「逮捕しちゃうぞ」は死語!?

メイサ「最初、お客さんに『ミニスカポリスの決めポーズとセリフお願い』って言われても、女のコが誰も知らなかったんです(笑)」

ワカナ「でも今は完璧だよ。今日は、貴方を逮捕しちゃうぞッ!」

確保ー!

乾杯コールの「確保ー!」から始まるポリスガールとのひとときを堪能

 平成世代の初々しいバキュンポーズもかわいらしいが、超ミニスカからチラりと見える美脚もありがたい。そんなセクシーポリス衣装は同店のオリジナル。キャストも日本やアメリカなどのコスチュームに合わせて化粧を変えているというこだわりだ。また、テーブル席ではキャストが立ち飲みスタイルで接客するため、「動くと汗でホットパンツの衣装が体に張りついちゃう」(イクミちゃん)なんて声にも男心は掻き立てられる。

 とはいえ、酔いの回ったスパムがカウンターでお酒を作るポリスの胸元を覗こうとした瞬間、「こらッ」と額にモデルガンを突きつけられるハメに。調子に乗りました。

DMA-181130wh087

素行が悪いとポリスに叱られることも!?

美脚揃いのポリスに撃ち抜かれたい

イクミ「このお店に来ると、やたら昔の武勇伝を語り出す人が多いよね。しかも結構ダメなやつ」

DMA-181130wh046

オリジナルのポリス衣装は3種類。それぞれ素材や刺繍にもこだわっている出来栄えだ

メイサ「ポリスを前に自供し始めるパターン。それで、おもちゃの手錠をつけてあげると、今度は手錠の下ネタで盛り上がるんですよ」

DMA-181130wh003 そんな雑談が一段落した頃になって「このお店が水商売デビューなんですよ」と話しだしたワカナちゃん。なんと、ホストとキャバ嬢だった両親の影響で夜職に興味を持ち始めたという。

「両親は20歳の頃に歌舞伎町で売れっ子同士だったけど、出産を機に2人とも引退して、お父さんはトラックの運転手に転職して育ててくれました。ただ私も20歳になって夜の仕事に興味があることを伝えたら、母は『大変なこともあるけど、やってみればいいじゃない。目標を決めれば辞められるから』って。今は一人暮らしをするために貯金を頑張っています」

 年の瀬に心温まる話をしてくれた彼女に敬礼するスパムでした。

DMA-181130wh041「Red Slope 110」
住:東京都港区赤坂3-19-8 赤坂ウエストビル4F
電:03-6277-8191
営:18時~翌5時
料:チャージ料3000円/60分(カラオケ付きVIP席は別途1000円)
税・サ:20%
※SPA!見たで初回のみオールタイム90分3000円

撮影/渡辺秀之

慶應のインカレサークルの女子大生ばかりが働く隠れ家バーに潜入

dma_181027_20181026_0022561 最近は麻雀プロリーグが発足して、ネット観戦しながらの晩酌が日課のスパムです。プロ雀士の対局を見ていると、思い出すのは授業をサボって麻雀ばかりしていた大学生活。テニスサークルとかに入っておけば、女子大生ともっと交流できたのかなぁ。そうはいっても社会人になると、女子大生との縁も見つからない。そう思っていたところ、慶應大学のインカレサークル所属の女子大生だけが働くお店があるとの情報をキャッチ。あの頃にはできなかった、現役女子大生との交流に向かった!

大学生の飲み会は常に“エグり”合う!?

 今回やって来たのは、JR秋葉原駅から徒歩10分ほどにあるカフェ&バー「AJITO」だ。見慣れたアキバの街並みから離れた住宅街にある。ドアを開けると、カウンター10席ほどの店内。「こんばんは~」と接客してくれたのは、S女子大に通うミサキちゃん(21歳)とカレンちゃん(21歳)。こちらに在籍する女のコは慶應のインカレサークルに所属している他大学の女子大生ばかりだとか。

dma_181027_20181026_0022463

慶應大学のインカレサークルに所属する女子大生が25人ほど在籍。清楚系なコが多いとか。週末は4人が出勤している

ミサキ「どんなサークルなの?ってよく聞かれるんですけど、曜日練という活動が週3あって。飲み会、飲み会、飲み会……みたいな」

カレン「20人は集まるから、おとなしくは飲まないしね。1軒目は居酒屋で、2軒目のカラオケはコールかけながらぶちあげっていう」

 なんとも大学生らしい。とりま、ビールで乾杯! 話もそこそこに「めっちゃ盛れそう」と、カナちゃん(20歳)とマナミちゃん(20歳)が加わり、インスタ用の写真を撮り始める彼女たち。自由すぎる……。その後は飲み会の動画を見ながら、慶應ボーイの話題へ。

隠れ家バーのような雰囲気

ウッディ調の店内は隠れ家バーのような雰囲気がある。慶應大学OBや仕事帰りの中年サラリーマンが一人で来店することも多いそう

カレン「女子は慶大生と付き合うコが多いけど、謎に髪形のマッシュルーム率が高い。あと、大学名を聞かなければ頭よくなさそう」

ミサキ「でも、就活はめっちゃ助けてもらいました。就職用のウェブテストとか私の力じゃ解けないから代打してもらったり(笑)」

カナ「私、最近捕まった慶大生とも知り合いで。そんな酒グセ悪くなかったけど、悲しいですよ」

採用決まったコもいるので顔出しは厳禁!

業務用焼酎を抱いたカナちゃん

業務用焼酎を抱いたカナちゃん

 旬なネタを解説できるのも彼女たちならではだろう。普段のインカレ飲み会は渋谷開催が多いそうだが、最近は宅飲みも多いそうで。

カナ「こないだのエグり合いはひどかった。最初は友達と家でエグってて、渋谷のカラオケに移動。22時から入って朝5時まできっちりエグり合って記憶飛びましたよ」

 まず“エグるってなんですか? レクチャーを受けると「エグる=深酒する」という意味らしい。我々が使う「痛飲」と同意語というわけですか……。

カナ「外だとコスパがいいお酒でスッと酔わないといダメだけど、宅飲みなら存分にエグれるしね」

マナミ「このコ、こないだ飲み会の途中で『ワンゲロ(1回ゲロ)挟みます』って、清々しい顔で帰ってきて飲み直してましたから。最後は業務用の5ℓ焼酎を抱えて寝てるっていう。タフすぎ(笑)」

カメラマンのライトを使ってインスタ撮影

インスタ用の撮影

はやりのポーズをしながらインスタ用の撮影も。リアルな女子大生の姿が知れる。

 インカレ飲み会に参加した気分に浸った一夜。いつか彼女たちとエグり合ってみたいスパムでした。

AJITO【AJITO】
住 東京都千代田区外神田2-9-6 1F
電 03-6260-8191
営 20時~翌5時
休 水曜
チャージ料2000円/40分(ウイスキー・鏡月飲み放題)。詳細はakb-ajito.tokyo/まで

撮影/水野善之

六本木の街中で怪獣娘と遭遇!“ウルトラ愛”を再燃させる夜

 先日、徹夜での締め切り作業を終えて土曜日の朝っぱらに帰宅。おもむろにつけたテレビを見て、最新のウルトラマンが2人で兄弟設定ということを知ったスパムです。

20180921-_0015103 30代のスパムにとって、子供のころ、夢中になった特撮モノといえばやはりウルトラマン。今もちびっこのヒーローであることには変わりないが、かつて見ていた作品とは何かが違うんだよなぁ……。なんて考えていたところ、六本木にウルトラ怪獣をコンセプトにしたお店があるとの情報が。“ウルトラ愛”を蘇らせるため、早速現地へと飛び立った。シュワッチ!

ポップな怪獣娘たちのダンスで盛り上がれ!

 やってきたのは六本木駅からほど近い場所にあるエンタメレストラン「KAIJU MUSUME6」だ。看板には「怪」の一文字だけで怪しさもあるが、こちらはれっきとした円谷プロ監修のお店で「ウルトラ怪獣を擬人化する」というコンセプトを掲げ、今年1月オープンした。

 ドアを開けると、超本格的なピグモンのスタチューがお出迎えしてくれる。そのまま地下へと階段を下りると、広い店内はミラーボールやネオンが輝くポップな雰囲気。フロアにはカラフルな怪獣コスチュームに身を包んだ怪獣娘たちの姿を発見! 案内してくれた“怪獣娘”は「ガッツ星人ver.」のレイアちゃんと「ブースカver.」のちゅちゅちゃん、「ギャンゴver.」のおとねちゃんという3人だった。

怪獣娘

写真左から藤塚レイアちゃん、ちゅちゅちゃん、天野おとねちゃん。

ちゅちゅ「表の看板には『怪』しか書いてないんで、恐る恐る来る方が多いんですよ。で、店に来て『ああ、怪獣の怪ね』って(笑)」

誰がどの怪獣かわかる? 本格コスプレでお出迎え!

 壁や棚にはウルトラ怪獣のパネルやソフビ人形などが無数に置かれている。キングジョーの人形を見て、「子供のころに近所のレンタルビデオ店で『ウルトラセブン』を借りまくったなぁ。懐かしいなぁ」と感慨にふけるスパムだったが、よくよく考えてみれば「ぱちんこウルトラセブン」で先月見たばかりであった。

ソフビ人形

店内には懐かしいウルトラ怪獣のソフビ人形があり、またショーケースでは、「KAIJUMUSUME 6」オリジナルグッズの販売も

 ただ、当の怪獣娘からは「ウルトラマンはわかるけど働くまで怪獣は知らなかった」なんて声も。

レイア「でも40代以上のウルトラマン世代のお客さんも多いから、教えてくれるんです。かなりウルトラ怪獣に詳しくなりましたよ」

 ウルトラマンが中年世代と若者を繫いで盛り上がれるのも同店の醍醐味なのだ。怪獣コスチュームは全20種類あり、日替わりで出現。

「同じコでも怪獣によってウィッグやメイクを変えるのでキャラや接客も全然違うんです」(おとねちゃん)というこだわりぶり。同店では特製のフードや各怪獣をモチーフにしたカクテルも人気で、ウルトラ怪獣の世界観がさまざまな角度から創出されている。

ダンスショータイムでは“怪獣娘”と大盛り上がり

ダダロール

一番人気の料理「ダダロール」(1280円/税別)

 しばらくすると店内の照明が変わり、ミラーボールが回りだす。怪獣娘が音楽に合わせて踊る「KAIJUクラップタイム」のスタートだ。一列に並んだ怪獣娘たちがポップな音楽に合わせて踊るパフォーマンスに、こちらも配られたサイリウムを片手にノリノリに。

ダンスショータイム そんな同店だが、実は店内にはウルトラマンの人形やイラストなどが、一つもない。なぜ?

レイア「お店ではお客さんがウルトラマンなんですよ。ヒーローになったつもりで楽しめるようにしているんです。あと、いつか本当にウルトラマンのコスプレをしたお客さんが来てくれないかなって」

 すっかり“ウルトラ愛”が再燃。アンヌ隊員を横目に地球を去ったモロボシ・ダンのように、後ろ髪をひかれて退店するスパムでした。

KAIJU MUSUME 6

画家の濱口健氏が描き下ろしたウルトラ怪獣のパネル。

【KAIJU MUSUME 6】
住:東京都港区六本木5-2-4 朝日生命六本木ビルB1
電:03-6804-2347
営:17:00~23:00
チャージ料500円
(サイリウムとオリジナルコースター付き)。各種パーティプランもあり。そのほかの詳細はhttp://six.kj-m.jp/
また、出現する怪獣娘についてお店のツイッター(@kaijumusume6)で!

撮影/水野嘉之

バニー×シーシャ。セクシー衣装を横目に、流行の水タバコを満喫!

 夏休みが一切とれなかった今年の夏。40℃の猛暑のなかで熱投する金足農業の吉田君の姿をニュースで見て、空調の効いた喫茶店でサボる自分を戒めたスパムです。  こうしてはおれん。読者の皆様に有益な夜遊び情報を提供せねばと秋葉 […]

銀座の街を横目にバスタオル美女とフットバスでデトックスする夜

 猛暑により毎日夕方ごろになると汗のベタつきが尋常じゃないスパムです。耐えかねて取材と偽りスーパー銭湯に駆け込むのが常態化。しかし、いくらサッパリしても仕事はそのまま。休憩処でくつろぐ湯上がり女子を横目にビールも諦めて熱 […]

<奇跡の30歳を探す旅 3>学生の街の一角。摩訶不思議なバーで働く艶美人ママ

 週刊SPA!が30周年を迎えたということで、「奇跡の30歳を探す旅」の特別編でお送りしてきた当連載。その最終回を担当することになったスパムです。自身の30歳を思い返してみると、仕事を忘れさせてくれる束の間の癒やしを求め […]

お肉を食べさせてより親密になろう。「夜の動物園」で女豹たちと接近戦!

 先日、上野動物園にシャンシャンを見に行ったところ、3時間も並んだのに檻の前を通り過ぎる1分だけしか見られなかったスパムです。帰りがてら夜街を歩いていると、最近はやたらバニーガールのお店が増えているではないか。やっぱりか […]

卒業したあのコと奇跡の再会!? AKB48の激似店員がいるカフェ

 アイドル業界は日々めまぐるしく変化しているのに、いまだに二丁目のゲイバーでは「ヘビーローテーション」で盛り上がっているスパムです。カラオケ画面で流れるMVを見れば、真ん中あたりの人たちがゴッソリ卒業しているのは言わずも […]

出会いを求める男女が列をなす。コリドー街に新名所が誕生!

 恒例の新春マージャン大会では大負けし、さらに先日のビットコイン暴落のダメージで仕事のやる気スイッチが入らないスパムです。そんな折に、思わず頭の中が切り替わるニュースが舞い込んだ。なんでも昨年末、東京屈指の出会いスポット […]

アフター忘年会でドヤれる店を発見。最新AVキャバで今年を締める夜

いよいよ年末特有の繁忙期に突入したスパムです。さて、12月といえば忘年会なわけで、毎年、居酒屋だけで終わるのは物足りないと2次会に繰り出すのだが、そこで「俺の夜担当なんだから、いい店連れてってよ」なんて言われるのが恒例行 […]