愛が強すぎて奇行に走る「愛犬&愛猫家」たち

 空前のペットブームだ。特に猫による経済波及効果は2兆3000万円、ネコノミクスと呼ぶとか。2015年のペットの飼育数は、猫987万4000匹、犬991万7000匹に達した。

 しかし、モンスターペアレンツがいれば、当然、モンスター飼い主も現れる。そして“我が子”の可愛さを媒介に、犬&猫親たちが互いを格付けしあっているようで……。

飼い主同士のマウンティング合戦は愛深き故の産物!? 東京都内の高級住宅街で動物病院を運営する獣医のY氏はこうしたペットの飼い主同士の“マウンティング”火花飛び散る現場に遭遇したことも珍しく無いという。

「たとえば、ドッグランにも常連と新人がいるわけですからね。常連と衝突してしまい、ハブられてしまったなんて話は珍しくありません。気まずいものだから、引っ越しまでしてしまった人もいますね。ほかにもヴィトンの首輪をするようなセレブもごろごろいますよ。そういう人はあっけらかんと自分が楽しんでいるので、意外と嫌味がなくサッパリしてますね」

 その愛情ゆえにドツボにはまったりする例も少なくない。

「手作り食にこだわる飼い主さんがいたんですが、オーガニック野菜ばかり与えていて動物性蛋白質を与えていなかった! そのときは栄養失調寸前でしたよ。市販のペットフードはなんだかんだで栄養的にも安心です」

 ペット愛好家には変わった人が多いということなのだろうか?

「いえいえ、決してそういう人たちが異常な人たちというわけではありません。本当に常識的な普通の人だし、知的な大学教授だったりします。それがペットのことになると豹変してしまう。時にはモンスターペッターになってしまう。それだけ思い入れが人間に影響するということなのでしょうね」

 そうした愛好家の中にも、思い入れの温度差があるのだとか。

「たとえば犬好きでも、犬全般を好きな人と、自分の犬しか好きでない人がいますね。後者はどうしても他人の犬やしつけについて無頓着になってしまう。中には『この子は自分を人間だと思ってるから、他の犬は嫌いなんですよ』と真顔で言う人もいますからね」

 そんな価値観の相違が、愛好家同士のマウンティングに一役買っているのかもしれない。 <取材・文/週刊SPA!編集部>

肉体改造やジェンダーレスな美しさよりも30~40代には大事な血管年齢の話

肉体改造やジェンダーレスな美しさよりも30~40代には大事な血管年齢の話
sponsored
 例えば、テレビ番組などで昭和の映像を見たりすると、最近の人は(特に若者は)、ずいぶん洗練されたなあと思ったりしないだろうか? 「人は見た目が9割」と…

連載

ばくち打ち/森巣博
番外編その3:「負け逃げ」の研究(17)
メンズファッションバイヤーMB
GUの「大人が買っても後悔しない」マストバイBEST3
山田ゴメス
“いいヤリマン”を見分ける方法。その娘の性癖を見ればわかる!?
オヤ充のススメ/木村和久
オリンピック成功の鍵を握る開会式…東京五輪はどうすべきか
フミ斎藤のプロレス講座/斎藤文彦
ビンス無罪“ステロイド裁判”エピソード12=オシェー検事の逆襲――フミ斎藤のプロレス講座別冊WWEヒストリー第165回
英語力ゼロの46歳バツイチおじさんが挑む「世界一周 花嫁探しの旅
「勇気を振り絞れ俺! ここしかないぞ俺!」――46歳のバツイチおじさんは満天の星空の下で勝負に出ようとした
原田まりる
ファミレスで隣の席の会話に聞き耳を立てていたら、大喜利を観覧したような気分になった話
大川弘一の「俺から目線」
鳴り止まない電話――連続投資小説「おかねのかみさま」
プロギャンブラー・のぶき「人生の賭け方」
“リオ五輪ロス”効果で恋を引き寄せるスポーツ3選
フモフモ編集長の今から始める2020年東京五輪“観戦穴場競技”探訪
吉川晃司もやっていた“東京五輪最強の穴場”競技とは?
18歳女支配人・このみんの経営学「私のミカタ」/園田好
わたしと「結婚したい」という男性へ
おじさんメモリアル/鈴木涼美
「顔じゃなくて知性で女を選ぶ」男の無知性
僕が旅に出る理由 in India/小橋賢児
北インド秘境で「宇宙に住んでいる」と実感した——小橋賢児・僕が旅に出る理由【最終回】

投稿受付中

バカはサイレンで泣く 投稿受付中
佐藤優の人生相談 投稿受付中