現役サラリーマンHIP HOPユニット・リーマンマイクが語る「現代合コンの基礎知識2015」

 いま、六本木や西麻布で遊ぶエリートサラリーマンのあいだで熱狂的な人気を集めているHIP HOPユニット「リーマンマイク」。

 代表曲の『合コン歌』をはじめとして、彼らが手がける楽曲の歌詞はどれもリアルさにあふれている。

リーマンマイク それもそのはず、メンバーは全員大手企業勤務の現役サリーマン。楽曲の「元ネタ」は、毎週金曜日に六本木や西麻布で開かれるOLやJD(女子大生)との合コンで次々と蓄積されていく。

(Youtube: http://www.youtube.com/watch?v=56UMbgdTHo0



 そんな彼らに、どのメディアにも載っていない最新の「合コン業界ならではの基礎知識」について話を聞いた。

――合コンをするにあたって最も重要なキーワードは?

神秘:僕らの合コンのコンセプトを一言で表すと「フォレスト・ガンプ」です。

――1994年アメリカ公開の名作映画ですね。映画と何の関係が?

神秘

神秘

神秘:映画『フォレスト・ガンプ』の副題を思い出して下さい。「一期一会」。合コンとは、日々疲れきったOLちゃんの精神を解放してあげる一回きりで楽しむ場なんですよ。

――合コンで知り合った女性とは長期的な関係をつくらない?

神秘:やはり合コンは「フォレスト・ガンプ」が一番。一度きりの出会いを最高に楽しむために時間はロスできません。だから我々は原則お店を移動しないんです。一店舗だけでじっくりOLちゃんと向き合う。これが「フォレスト・ガンプ」です。

――なるほど。短期決戦と言うわけですね。その他には最近どういった動きがありますか?

ぎょうざくん

ぎょうざくん

ぎょうざくん:一般的には、合コンした1グループから女のコ1人と濃密なフォレスト・ガンプをするものでしたが、一部では「二毛作」という新たな動きも出始めています。

――懐かしい! 地理の授業で習いました。同じ耕地で二種類の作物を育てることですよね?

ぎょうざくん:たとえば、あるOLちゃん4人と合コンしたとします。普通はその中の1人を狙いにいくもの。対して「二毛作」は同じグループから時期に差を設けて、2人を狙いにいくことです。

――それはリスクが高いのでは? 女性はグループ内で自分のスキャンダルがバレるのを恐れるんじゃないですか? 男同士の衝突もあるのでは?

ぎょうざくん:もちろん、何事もゼロリスクはあり得ません。当然、女性側にも、男性側にも綿密な配慮やフォローが必要になりますよね。

石原ロックフェスティバル

石原ロックフェスティバル

石原ロックフェスティバル:ちなみに我々の間では、このような徹底した配慮やリスク管理をすることを「高床式倉庫」と呼んでおります。高床式倉庫は、収穫した稲を守るために、ネズミなどのリスクを排除した先人の偉大な知恵です。

――他に重要なキーワードはありますか?

石原ロックフェスティバル:「男女雇用機会均等法」ですね。要は、男女差別反対ということです。

たまに我々リーマンにばかり酒を煽ってくるOLちゃんがいるんですよ。そのくせ、自分たちはお酒をふられても一切飲まない。これは男女平等、ジェンダーフリーを掲げるリーマンマイクの理念から考えると絶対に阻止しなくてはなりません。特に、二次会で我々リーマンを潰そうとするOLちゃんには毎回「男女雇用機会均等法!」と声高らかに反対しています。 いいですか? とにかく不当に酒を煽られたら「男女雇用機会均等法」と叫ぶ。覚えておいてください。

●リーマンマイク公式Youtubeチャンネル: https://www.youtube.com/channel/UChVN5LQ7Hjaj0fr9rBkcN0A
●リーマンマイク公式Facebook: https://www.facebook.com/Riemann.mic
<取材・文/日刊SPA!取材班>

「島耕作シリーズ」の作者が語る多様化する働き方とコーヒーの関係とは?

「島耕作シリーズ」の作者が語る多様化する働き方とコーヒーの関係とは?
sponsored
「朝活・夕活」に代表される労働時間の見直しや、仕事と育児の両立といった「ワーク・ライフ・バランス」が注目を集める昨今。人々の働き方も多様化しているが、…

連載

ばくち打ち/森巣博
番外編その3:「負け逃げ」の研究(21)
メンズファッションバイヤーMB
「ユニクロU」の絶対に買うべきベスト3を発表【発売前レビュー】
山田ゴメス
「紅音ほたる急逝」から真剣に考える、AV女優はなぜ短命なケースが多いのか?
オヤ充のススメ/木村和久
キャバクラか風俗か――。人生最大の問題に終止符を
フミ斎藤のプロレス講座/斎藤文彦
“レッスルマニア11”の主役はだれだ?――フミ斎藤のプロレス講座別冊WWEヒストリー第185回(1995年編)
英語力ゼロの46歳バツイチおじさんが挑む「世界一周 花嫁探しの旅
「パソコンもカメラも買い直すしかない」――46歳のバツイチおじさんはインドのシリコンバレーを目指した
原田まりる
尾崎豊で意気投合し、タクシー代がタダになった夜
大川弘一の「俺から目線」
もう、アリンコになってしまいたい――連続投資小説「おかねのかみさま」
プロギャンブラー・のぶき「人生の賭け方」
「婚活宣言」したら44歳オヤジのモテ度が100倍になった!プロギャンブラー直伝“婚勝”シリーズ第4弾
爪切男のタクシー×ハンター
ウンコを漏らした日はライディーン
フモフモ編集長の今から始める2020年東京五輪“観戦穴場競技”探訪
東京五輪でチケットなしでも“絶対生観戦できる鉄板競技”とは?
元SKE48/SDN48・手束真知子の「フリーランスアイドル論」
アイドルは私生活まで“キラキラ”してないといけないの!? 現実とのギャップに困惑
おじさんメモリアル/鈴木涼美
「顔じゃなくて知性で女を選ぶ」男の無知性
僕が旅に出る理由 in India/小橋賢児
北インド秘境で「宇宙に住んでいる」と実感した——小橋賢児・僕が旅に出る理由【最終回】

投稿受付中

バカはサイレンで泣く 投稿受付中
佐藤優の人生相談 投稿受付中