中国各地で「カツアゲみたいなボッタクリ」が横行。文房具店やコンビニでも

 山東省青島市で起こったボッタクリ騒動が話題となっている。同市の飲食店で茹でたエビを一皿頼んだ客が、会計の際に請求された額はなんと3万円だった!

山東省青島市で起こったボッタクリ騒動

量り売りの海鮮料理屋台が一番ボラれやすいとか(写真はイメージです)

 メニューには720円の値がつけられていたのだが、その下に小さな文字で(一匹の値段)との但し書きがあったのだ。店側はこれを根拠に支払いを強要。客は泣き寝入りするしかなかったという。

 ちなみに被害に遭った客はその後、ネット上に事の顛末を告発。大きな話題となったことから、この飲食店は警察から約170万円の罰金を科せられた。しかし飲食店もさるもの。罰金支払いを逃れるため、経営者は店を畳んで姿をくらましたという。

 この一件以降、「エステ店でマッサージに使用されたアロマオイル1滴につき約1800円を請求された」というものや、「白粥1杯に約1900円取られた」というものまで、中国のネットやメディアによるさまざまなボッタクリ被害の告発が相次いでいる。

 重慶市在住の自営業・砂川孝昌さん(仮名・50歳)も被害に遭いかけたばかりだ。

「ふらっと入った洋服屋でジーンズを試着したんですが、まだ買うとも言っていないのに店員が勝手に裾上げをしてハサミを入れやがった。しかも請求額は1万2000円。中国製の聞いたこともないブランドなのにあり得ない額です。無視して店を出ようとすると、強面の男が店の奥から出てきた。私は、『工商局の知り合いに電話するぞ』と一喝して事なきを得ましたが、普通なら払わざるをえない状況でしょうね」

 しかし、中国では昔からボッタクリや詐欺はあったはず。広東省トングァン市のメーカー勤務・高島功夫さん(仮名・38歳)はその変化についてこう解説する。

「昔は手口が巧妙だったり、被害者が気づかないものが多かった。最近のボッタクリは芸がなく、ただのカツアゲに近く、コンビニや文房具店でもボッてくるんで、油断も隙もあったもんじゃない。疑心暗鬼になるあまり、タバコ一箱買うのにも何度も値段を確認してしまい、ストレスになる」

 なりふり構わぬボッタクリの蔓延について、中国在住のフリーライター・吉井透氏はこう分析する。

「景気が急速に悪化する中、かつてはまともな商売をしていた店が、背に腹を代えられずにボッタクリに手を染めるというケースが増えている。特に飲食店では、贅沢禁止令の影響で売り上げはガタ落ちですからね」

ボラれない「五箇条」

飲食店で避けるべき店の五箇条を紹介しよう!

 一方、中国でのタレント活動歴もある俳優の宮下匠規氏は、別の見方をする。

「『怒れる中国人』が減ってきているのです。かつての典型的中国人なら、ボッタクリに気づけば、火がついたように怒って大騒ぎしていた。しかし、最近ではそういったことは『はしたない』とされ、少々不満に思っても支払ってしまう人も多くなっている。特に都市部在住者は以前よりもずいぶん紳士的になっている。店側にとってはやったもん勝ちです」

『新華網』(10月16日付)によると、新宿・歌舞伎町で中国人観光客がボッタクリ被害に遭うケースも続発しているとして、在日中国大使館が自国民に注意喚起を行ったという。ついに中国人も日本人にボラれるほど落ちぶれた!? <取材・文/奥窪優木>

週刊SPA!連載 【中華人民毒報
行くのはコワいけど覗き見したい――驚愕情報を現地から即出し

中華バカ事件簿

激動の現代中国社会をイッキに覗き見!中国実話120選

肉体改造やジェンダーレスな美しさよりも30~40代には大事な血管年齢の話

肉体改造やジェンダーレスな美しさよりも30~40代には大事な血管年齢の話
sponsored
 例えば、テレビ番組などで昭和の映像を見たりすると、最近の人は(特に若者は)、ずいぶん洗練されたなあと思ったりしないだろうか? 「人は見た目が9割」と…

連載

ばくち打ち/森巣博
番外編その3:「負け逃げ」の研究(17)
メンズファッションバイヤーMB
GUの「大人が買っても後悔しない」マストバイBEST3
山田ゴメス
“いいヤリマン”を見分ける方法。その娘の性癖を見ればわかる!?
オヤ充のススメ/木村和久
オリンピック成功の鍵を握る開会式…東京五輪はどうすべきか
フミ斎藤のプロレス講座/斎藤文彦
ビンス無罪“ステロイド裁判”エピソード12=オシェー検事の逆襲――フミ斎藤のプロレス講座別冊WWEヒストリー第165回
英語力ゼロの46歳バツイチおじさんが挑む「世界一周 花嫁探しの旅
「勇気を振り絞れ俺! ここしかないぞ俺!」――46歳のバツイチおじさんは満天の星空の下で勝負に出ようとした
原田まりる
ファミレスで隣の席の会話に聞き耳を立てていたら、大喜利を観覧したような気分になった話
大川弘一の「俺から目線」
鳴り止まない電話――連続投資小説「おかねのかみさま」
プロギャンブラー・のぶき「人生の賭け方」
“リオ五輪ロス”効果で恋を引き寄せるスポーツ3選
フモフモ編集長の今から始める2020年東京五輪“観戦穴場競技”探訪
吉川晃司もやっていた“東京五輪最強の穴場”競技とは?
18歳女支配人・このみんの経営学「私のミカタ」/園田好
わたしと「結婚したい」という男性へ
おじさんメモリアル/鈴木涼美
「顔じゃなくて知性で女を選ぶ」男の無知性
僕が旅に出る理由 in India/小橋賢児
北インド秘境で「宇宙に住んでいる」と実感した——小橋賢児・僕が旅に出る理由【最終回】

投稿受付中

バカはサイレンで泣く 投稿受付中
佐藤優の人生相談 投稿受付中