雑学

余った保冷剤を“いい香りの消臭剤”に変える裏ワザ

 お店でアイスやケーキを買ったときについてくる保冷剤。夏には何かと重宝するが、気づいたら冷凍庫のスペースを占領していることはないだろうか? 何かあったときのために捨てにくい保冷剤を、消臭剤に変える裏ワザがあった。

余った保冷剤の活用術


 なぜ、保冷剤が消臭剤に変わるのか? それは、保冷剤に含まれる「高吸水性ポリマー」が消臭剤の基材として使われるものだから。高吸水性ポリマーは、市販の消臭・芳香剤にも使われていて、保冷剤の中身を器に出しアロマオイルを数滴たらせば、消臭効果が期待でき、いい香りも。カラカラに乾くまで使えるのだ。

 ここでは、いい香りの消臭剤の作り方を紹介する。まずは、ガラスや陶器などの容器と保冷剤、そして好きな香りのアロマエッセンシャルオイルを準備する。カラーインクやビー玉などの飾りがあるとおしゃれに工夫できるが、消臭剤として使うだけならば必要なし。容器、保冷剤、アロマオイルの3点セットで十分だ。

【消臭剤の作り方】

⇒【写真】はコチラ http://nikkan-spa.jp/?attachment_id=1166213

①容器、保冷剤、アロマオイルの3点セットを準備

保冷剤

容器、保冷剤、アロマオイルの3点セットを準備

②保冷剤の中身を容器に流し入れる

保冷剤

保冷剤の中身を容器に流し入れる

③アロマオイルを数滴たらす

保冷剤

アロマオイルを数滴たらす

④かき混ぜるなどして完成

 ジェル状の高吸水性ポリマーは表面の凹凸に臭いの原因物質を吸い寄せ、消臭するのだとか。置いておくとしだいに乾燥するので、2〜3週間での取替えが目安だ。子供やペットのいる家庭は、手の届かない場所に置くように注意しよう。

次のページ 
保冷剤の中身は危険じゃないの?

1
2




おすすめ記事