スポーツ

オバマ退任でも大丈夫!ノッチ(デンジャラス)はトライアスロン大会でスーパースター

~今から始める2020年東京五輪“観戦穴場競技”探訪 第31回~

前回の話…スポーツ好きブロガーのフモフモ編集長が、東京五輪でチケットが買えそうな穴場競技探訪へと出かけました。今回のテーマは無課金。穴場であるだけでなく、さらにチケットなしで楽しめる競技をターゲットに設定。無課金で観戦できる種目の代表格といえばマラソンだが、それを穴場と言ってしまうのは芸がない。ということで今回はタダで観戦できるうえに穴場感もたっぷりなトライアスロンに密着取材。スイム(水泳)バイク(自転車)、ラン(長距離走)と一粒で三度美味しい、“無料穴場スポット”の見どころにフモフモ編集長が迫ります。

 スイムに続いて選手は次のバイクのために、自転車を停めてあるゾーンに向かいます。無課金では見られない区間になると思われますが、このトランジション(着替えたり、自転車に乗り替えたり)というのはなかなか面白く、トライアスロンの見せ場と言えるもの。いかに早く準備を終えて、自転車を漕ぎだすか。一般参加者などは悠長に靴を履いたりヘルメット被ったりしていきますが、トップ勢はそんな無駄なことはしません。最初からペダルに靴がハメてあり、そこに足を突っ込んで出発するという時短ぶり。F1のピットストップのような素早い動きで準備を済ませるのも、実力のうち。こういう場面を見られるのは課金勢だけの特権なんでしょうね。

 バイクの部は時間的にも一番長くかかる区間ですので、イイ場所を押さえたい。直線でもカーブでも登りでもいいですが、なるべくメイン会場に近くてなるべく辛いところを見つけたいもの。結局またランのときは会場付近に戻りますので、あまり遠くに陣取るのは考えものです。ここは下調べで大きく差がつくポイントとなりそう。

 今回はメイン会場付近に坂道をくだってから大きく曲がるコーナーがあったので、そこを観戦ポイントに定めました。疾走する自転車がスピードをあげてコーナーに突っ込むさまは見栄えとしても大変よいもの。

「水着で自転車に乗ってる女子って妙にエロっぽいよね!」

「低速区間でじっくりと観察したい」

「サドルが食い込む尻を低速区間でじっくり見たい」


などの邪念は絶対に持たないほうがいいでしょう。

バイクは距離が長く、そのぶん時間も長いので、観戦ポイント探しは重要

 今回は観戦中に珍しい場面にも遭遇しました。ある選手のバイクがパンクか何かで故障したらしく、走れなくなってしまいます。こういうとき個人競技であるトライアスロンはどうするかというと、自分で修理を行ないます。今回は空気を入れるだけでは済まず、タイヤごと交換という事態だったらしく、選手も慣れない手つきでタイヤをガチャガチャ。こういう場面が見られそうなスポット……転倒しそうな場所とかに陣取るのも、ひとつの手かもしれません。

タイヤ交換に戸惑う選手と、手伝えないので、笑顔で見守るしかない関係者

 最後のランはマラソンなどと基本的に同じ。お好みのポイントで陣取り、声援を送ればOK。水泳と自転車を経て汗と水でドロッドロになった選手を見守るのは、大変味わい深く、一回ズブ濡れになったあとの生乾きの髪などはとてもいい。ただ、ランに関しては一番の見せ場はやはりゴールするところ。

次のページ 
選手と観衆の距離が近いケースなどでは…

1
2

※フモフモ編集長の「今から始める2020年東京五輪“観戦穴場競技”探訪」第1回~の全バックナンバーはこちら

自由すぎるオリンピック観戦術

スポーツイベントがあるごとに、世間をアッと言わせるコラムを書き続ける、スポーツ観戦ブログ『フモフモコラム』の中のひとによるオリンピック観戦本





おすすめ記事