雑学

ひろゆき「リオでの“東京五輪PRに12億円”は本当に高いと思いますか?」

― ひろゆきのネット炎上観察記 ―

【リオ五輪閉会式での演出、12億円は高いか、安いか?】

リオ五輪の閉会式で話題となった安倍首相のコスプレなどを含む東京五輪のPR。その費用が現在開催中のパラリンピックで予定されているPRと合わせて約12億円となることがわかった。これにネット上では「国が絡むクソ動画ってなんで費用世間の20倍くらいなの?」など批判がある一方、「12億かけたから絶賛された」など、賛否両論が巻き起こっている

リオ五輪閉会式

五輪閉会式でPRするのに、12億円は高いんですかね?


 何かの値段がわかるとき、人はその価格が安い高いとかを判断したりしますけど、「価格が適正かどうか?」って判断には2つの方法があります。

 まずよくあるのが、同一の商品と比較する方法ですね。例えば、同じ色鉛筆のセットを買うにしても、銀座の文具屋とオンラインショップだったら後者のほうが安かったりします。ちなみに政府関係の出張費とかだと、旅行代理店の言い値で値段が決まってたりして、一般の人がチケットと買う価格とだいぶズレていたりするんですよね。

 んで、もう一つの考え方は「回収可能かどうか?」とか、コストパフォーマンスだったりするのですね。「100億円でビルを建てます!」って聞くと金額は大きいですけど、年間に賃料が10億円入るんだったら利回りが10%なので投資先としては悪くない判断だったりします。値切って50億円でビルを建てても、年間で賃料が1億円しか入らないんだったら年間の利回りは2%なので、さっきより損しちゃいます。なので、数字が小さければいいってもんじゃないんですよね。

 ってことで、リオ五輪の閉会式で日本が行った演出の費用がネットで話題になってまして、12億円という費用が高すぎるとか、逆に理解を示す発言もあったりするのですね。

次のページ 
アメリカで大人気「スーパーボウル」のCM料金は30秒で5億円

1
2




おすすめ記事