R-30

最新BMWの廉価版から最高峰まで、カーマニアが乗りまくってわかったこと

トランプラリーでNYダウは最高値を更新し為替は円安に。芸能界ではバブルネタの平野ノラがブレイクするなど、師走にきてなんだか世の中が浮かれモードであります。再び六本木の街に“小ベンツ”や“六本木カローラ”があふれる時代はくるんでしょうか? そんな時代がきたら、我々も最新BMWを買えるかもな~と妄想して乗ってみました

BMWMJブロンディ=文 Text by Shimizu Souichi
池之平昌信=写真 Photographs by Ikenohira Masanobu

激安中古ラテン車同好会、BMWに乗る!


MJ:本日は我ら激安中古ラテン車同好会の面々で、BMWの乗り放題試乗会にやってきた!

担当K:僕は現役BMWオーナーでもありますし、心の底からBMWを愛してます!

職人:僕も愛してますよ~。

K:えっ、BMWなんか乗ってたことありましたっけ?

職人:いえ、まだドイツ車は一度も……。日本製とイタリア製の4気筒エンジン車しか知らないです。

MJ:それはカーマニアとして経験が足らんな!

職人:でも実は今、BMW購入計画が進んでるんです。ストレート6の。

K:いいですね。やっぱりBMWは直6に限りますよ。モデルは?

職人:M3です。

MJ:マジで~~~~~っ!? スポーツクーペの最高峰じゃんか!いつもの予算50万円でかあ!?

職人:それはまあこれからの相談なんですが(笑)、今回はそれを踏まえて、BMWを試乗させていただきました。

次のページ 
だからイチオシがM240iクーペだった!

1
2
3





おすすめ記事