ライフ

15分3000円の「HIV即日検査」を受けてみた

 日本はHIVの知識が広まった先進国にも関らず、今でもエイズ患者が増え続けていると言われる。昨今では「いきなりエイズ」という言葉まで誕生。  いきなりエイズとは、HIVウイルスに感染していることに気付かないまま、いきなりエイズを発症してしまうこと。

これって、もしや初期症状?

 社会人になれば様々な“大人の付き合い”が増える。そんななかで、ふと、こんな思いにとらわれたことはないだろうか。 「あの晩のあの行為、ひょっとしてHIVに感染した可能性もあるのではないか?」  大人として、ひと通りの経験をしてきたのであれば、もはや他人事ではない。インターネットで「HIV 症状」などと検索すれば、様々な情報が手に入る。そのなかで、記者自身にも心当たりがある症状は以下のようなものだ。 ・発熱・頭痛 ・咽頭炎 ・やる気が出ない・倦怠感 ・慢性的な下痢・腹痛 ・ケガの治りが遅すぎる ・謎の発疹 ・顔に白い粉がふく  このような症状が半年近く前から現れては消える。だが、たんなる老化や疲労によるものなのかもしれない。実際に仕事面では、ここ半年ぐらいほとんど休みなく働き続けてきた。平均睡眠時間にすれば、3~4時間ぐらいしかなかったと思う。体調を崩してもおかしくはないからだ。  だが、いまいち確証がもてない。
次のページ 
HIV(エイズウイルス)検査の基本情報
1
2
3
Cxenseレコメンドウィジェット
おすすめ記事