スポーツ

2005年阪神優勝時に買った想い出のマグカップ――奉納できるのはいつの日か?

 「開幕ダッシュ大成功!」と、熱狂的なトラ党の僕、山田ゴメスは含み笑いを隠すことができなかった……今シーズン、対広島第2戦が行われた4月1日の5回表あたりまでは。

 今日は、2005年の(セ・リーグ)優勝の際、その記念として購入したマグカップへの想い出とともに、フタを開けてしまえば結局のところ「1勝2敗」と微妙なスタートとなってしまった我が阪神タイガースへの熱いエールを、ふんだんに日刊SPA!へとぶつけてみた。(聞き手:ゴメス記者)

山田ゴメス(以下、ゴメス):このマグカップはね、阪神タイガースが2005年にリーグ優勝した年に買って、それ以来12年間ず~っと使い続けています。カフェオレ飲むときも、紅茶飲むときも、緑茶飲むときも、ホットワインやホットウイスキーを飲むときも……あと、歯を磨いたり、うがいをするときも……。

――たしかに、内側を見てみたら、相当使い込んでいる風の“シブ”がこびりついてますね。ちなみに、どこで購入されたんですか?

ゴメス:じつは僕、この年の日本シリーズの第4戦を、当時交際していた彼女と一緒に甲子園まで観に行ったんですよ。で、球場入りする前、阪神百貨店のタイガースショップに寄って、ハッピやらメガフォンやらハチマキやらで完全武装し、そのついでにマグカップも……。こういうときって、つい「え~い! 全部買っちゃえ!!」みたいに気が大きくなるじゃないですか(笑)。

――わかります。ちなみに、その日の試合結果は?

ゴメス:パ・リーグの覇者、(千葉)ロッテ(マリーンズ)に3連敗喰らって、まさに崖っぷち状態。ただ、まあ今日は甲子園だし、この1戦くらいは勝つだろうとタカをくくっていたんですが、まさかの4連敗! しかも、ほとんど見どころもない淡泊なゲームで……結局はロッテの胴上げを観に行っただけ(怒)。あまりに腹が立ったから、当日宿泊予定だったホテルをキャンセルして、セックスもせず夜行バスでその日のうちに東京へ帰っちゃった。

――じゃあ、このマグカップには「いい想い出」というよりは「苦い想い出」がいっぱい詰まっているんですね?

ゴメス:そう。正直、甲子園の壁に投げつけて、叩き割ってやろうかと思いましたよ(笑)。でも、ソレをやっちゃったら、阪神との縁も切れてしまうのではないか……と、辛うじて踏みとどまりました。

次のページ 
「叩き割る」どころか、今でも大事に使い続ける

1
2





おすすめ記事