雑学

プロが実践する薄毛を防ぐ「シャンプーテクニック」とは?

 まだまだ他人事と考えている人もいるかもしれない「薄毛」。しかし、毛髪にはもちろん個体差があり、アラサー世代であっても悩みを抱えている人は少なくない。薄毛対策は早ければ早いほどいいのが、今や常識。そこで今日から簡単に始められる頭皮ケアをプロに聞いた。

3段階の洗髪で丁寧に時間をかけて


薄毛 最も身近にして最も重要な頭皮ケア、洗髪の正しい方法について見ていきたい。

「過度な洗髪での皮脂の落としすぎは確かにNG。ですが、毎日1回のシャンプーでしっかりと頭皮の汚れを落とす必要があります」

 今回話を伺ったのは薄毛専門ヘアサロン「メンズウィル」のスタイリスト・三上タツノリ氏。整髪料でスタイリングしている男性も多いだろうが、その場合はまず“プレシャンプー”が必須だそう。

「女性がメイク落としを使うのと一緒で、整髪料や皮脂を“浮き立たせる”ことが目的です。ここでは頭皮を洗うというより髪の汚れを落とすイメージ。まず髪をキレイにすることで、次の頭皮洗浄の効果にも差が出てきます」

 洗い方のみならず、使用するシャンプーにも気を使いたい。

「界面活性剤が含まれる製品は避けたいですね。泡立ちが良く洗浄力に長ける半面、皮脂を根こそぎ落してしまう危険性があります」

 オススメは髪や頭皮への刺激が少ないアミノ酸配合のシャンプーだそう。500円玉サイズの量を手に取り、手で揉んで多少泡立てた状態で頭部全体に伸ばしていく。

次のページ 
洗浄方法にも注意が必要

1
2





おすすめ記事