雑学

サラリーマンが選ぶ「立ち食いそば満足度ランキング」

30~50代の男性食通サラリーマン200人が足繁く通っている各種チェーン店のNo.1をアンケートの結果をもとに決定。サラリーマンの胃袋を格安で満たしてくれる至極のメニューとは?

大満足の“ワンコイン”ランチ。最強そばチェーンはここだ!


肉富士そば(富士そば)

【絶品メニューランキング1位】肉富士そば(富士そば)

 安くて早いサラリーマンの昼の強い味方、そばチェーンの、ワンコインランチの満足度ランキングを紹介していこう。

<ワンコインそばの満足度ランキング>

1位 富士そば(75票)
2位 ゆで太郎(41票)
3位 箱根そば(27票)
4位 小諸そば(22票)
5位 嵯峨谷 (16票)

 圧倒的な票数で1位に輝いたのは富士そば。絶品メニューランキング(※下記参照)でも3つの商品がトップ5入りを果たした。1位の肉富士そばは「肉の旨味が最高」(32歳・出版)と支持を集めたほか、2位のかつ丼も「ボリュームがあってうまい」(38歳・広告)と人気だ。

⇒【写真】はコチラ https://nikkan-spa.jp/?attachment_id=1396498

かつ丼

【絶品メニューランキング2位】かつ丼(富士そば)

 富士そばに次ぐ2位に入ったゆで太郎は各店舗で打つ自家製麺が売りで、「冷やしのそばの喉ごしは立ち食いそばのレベルを超えている」(36歳・建築)という意見に代表されるように「冷たいそばならゆで太郎」という声が多かった。さらにそば好きライターの本橋隆司氏は「ゆで太郎なら昼は絶対セットを頼むべき」と断言する。

「もりそばに日替わりの丼が付いて500円の“日替わりランチ”がオススメです。値段に対して質・量ともに十分なお得感ですよ。しかも11~16時と提供時間も長い。僕はゆで太郎で単品を注文することはありません」

もりそば

【絶品メニューランキング3位】もりそば(ゆで太郎)

 3位には小田急沿線を中心に展開する箱根そばが入った。一番人気はコロッケそばで、「カレー風味のコロッケの味が食べ進めるごとにツユに溶け出し独特の味になる」(32歳・商社)と、“ここでしか味わえない味”が人気のようだ。4位の小諸そばは40代から上の世代の票を多く集めている。

「この世代が20代だった頃、そばチェーンで初めて生麺を使用するようになったのが小諸そばなんです。根強い人気があるのも頷けますね」と本橋氏。

コロッケそば

【絶品メニューランキング5位】コロッケそば(箱根そば)

次のページ 
新興勢力の中で健闘したのは…

1
2





おすすめ記事