ライフ

ラーメンvsうどんvsそば、不健康メシはどれだ?

 健康な食事をしたくとも、忙しさからコンビニや外食に頼ってしまう。そんな現代人は少なくない。サラリーマンがコンビニや外食で選びがちな食事を、ケース別に比較。どっちが不健康メシかを専門家に診断してもらった。 ラーメンvsうどんvsそば

短時間で腹を満たせる“麺”対決

こってり系ラーメン+ライスvs天ぷらうどん+いなり寿司vsざるそば2枚+ミニ親子丼  短時間でサクッと食欲を満たしたい。多忙な緊急時にうってつけなのが麺類だ。果たして、「こってり系ラーメン+ライス」「天ぷらうどん+いなり寿司」「ざるそば2枚+ミニ親子丼」のなかで、最も不健康な選択なのは? 「一番マシなのは『ざるそば+親子丼』です。そばは、そば粉が入る分、ラーメンやうどんよりも糖質の吸収が緩やかになります。親子丼の卵と鶏肉でタンパク質も摂れますしね」(管理栄養士・浅野まみこ氏) ラーメンvsうどんvsそば 3つのメニューのなかでは、「ざるそば」が健康的というのは識者全員の意見。だが「こってり系ラーメン」と「天ぷらうどん」に関しては、かなり意見が拮抗した様子。 「『こってり系ラーメン』の脂質と塩分たっぷりのスープは、明らかに不健康。ただ、糖質たっぷりの『天ぷらうどん』も健康とは言い難い。天ぷらを選ぶなら、衣が多いかき揚げではなく、海老天や鶏天などを選んでください」(管理栄養士の川村郁子氏) ラーメンvsうどんvsそば 一方、城西大学教授の金本郁男氏は僅差ながらも「こってり系ラーメン+ライス」を一番の不健康メシと認定した。 「ラーメンとうどんを比較すると、前者のほうが血糖値も上がりやすいです。また、酢には血糖値を上げにくくする効果があるので、同じ炭水化物だったとしても『酢飯』が入るいなり寿司がベターですね」 《不健康なのはコレ!》 不健康指数★★★★☆ 血糖値が上がりやすく、脂質と塩分たっぷりのこってり系ラーメンに要注意 ラーメンvsうどんvsそば【川村郁子氏】 管理栄養士。Ikofood代表。病院栄養士経験後、独立。栄養専門学校講師や栄養ライターとして「食いしん坊でも健康になるコツ」を発信 【金本郁男氏】 城西大学薬学部教授。28年間の病院薬剤師としての経験を生かし、食事療法の研究を行う。著書に『ゆるい低糖質ダイエット』(池田書店)など 【浅野まみこ氏】 管理栄養士。エビータ代表。企業での栄養管理やコンサルティングを行う。著書に『「コンビニ・外食」で健康になる方法』(草思社) ― 不健康メシはどっち? ―





おすすめ記事