雑学

「かきあげそばvs天ぷらうどん」不健康なランチはどっち?

 書店に並ぶ健康法をテーマにした本は、しばしばベストセラーになる。だが、巷にあふれる健康法は、サラリーマンが実践するのは難しい。食事の予算はあるし、仕事は多忙を極める……そんなサラリーマンのために今日から絶対に実践したい“マシ”な習慣を紹介する。

麺つゆの染みた衣がやめられねぇ!

麺つゆの染みた衣がやめられねぇ!

かきあげそばVS天ぷらうどん、どちらがマシ?


 新橋などのオフィス街では、ランチタイムにそばやうどんをかき込む会社員の姿をよく見かける。麺という炭水化物の上にさらに揚げ物が鎮座したこの2つを、結局食べてしまう男性は多いだろう。

「麺自体はどちらもほぼ炭水化物ということで差はなし。実質、揚げ物の対決です。玉ねぎ、ニンジンなど糖質の多い野菜で構成されていることが多いかき揚げは、糖質と脂質以外の栄養素が期待できません」と管理栄養士の大柳珠美氏。

かき揚げ また、管理栄養士の浅野まみこ氏も「細かい食材の隙間に衣を絡めるかき揚げのほうが、小麦粉・油の量が圧倒的に多い」ということで糖質が相対的に少ないイカやエビの天ぷらを推す。

天ぷら

エビなどでタンパク質を摂取

 少ない衣で済む天ぷらは、エビなどでタンパク質を摂取できる点もポイントとなった。

【浅野まみこ氏】
管理栄養士。企業での栄養管理やコンサルティングを行う。著書に『「コンビニ食・外食」で健康になる方法』(草思社)

【大柳珠美氏】
管理栄養士。生活習慣病のサポートを中心に活動。著書に『「糖質制限」その食べ方ではヤセません』(青春新書)

― 不健康なのはどっち? ―




おすすめ記事