ライフ

40代になっても“大盛り”が基本は危険…ガテン系の男飯に要注意

 最近誰かと一緒に食事をしたのはいつだったか。それすら忘れてしまうほど、忙しい現代人の食生活において、一人で食事をする「ぼっち飯」の比率が急増しているという。肉体面から精神面まで、日常に秘められた孤食の落とし穴。実際に働く男たちの食生活に潜む恐怖を探っていく。

体力仕事だと過信して暴食。塩分や脂質もかなり多め

― 高田哲夫さん(仮名・建設作業員・43歳)の場合
ぼっち飯の恐怖

全国各地の現場で作業員として従事し、1年の半分は出張。健康診断の結果が今のところセーフで自分の健康を過信している

 40代になっても若い頃と変わらず高カロリーでボリューム満点の食事を続ける人は多く、建設作業員の高田哲夫さんにもその傾向がある。 「自宅から通える現場であれば妻が食事を作ってくれますが、1年の半分は地方の現場。そのときは気分で何を食べるか決めています。ただ、重労働で汗を流す仕事なので塩気のあるもの、肉などの脂っこいものが食べたくなる」  外食の場合、ご飯はお代わりか大盛りが基本。貧困型ほどの圧倒的な偏りはないが、こちらも炭水化物が多めの構成となっている。 <高田さんの1週間・孤食ダイアリー> ぼっち飯の恐怖 月曜日……週の初めは、松屋の朝定食大盛りでガッツリ! 火曜日……寝坊し、現場に向かう途中にコンビニおにぎり 水曜日……夏バテ気味。レバニラ炒め定食でスタミナUP! 木曜日……夜は半額だったスーパーのパック寿司で豪勢に 金曜日……昼は奮発して1500円のステーキランチ。うまし! 土曜日……今週ぼっち飯じゃなかったのは、この日の夜だけ 日曜日……無性に腹が減り、夜中ラーメンを食べてしまった 「30代までは特盛りだったからこれでも少食になったほうです。でも、やっぱり体力仕事だから最低一日1回米や肉を食べないと力が出ないので。ただ、野菜は自宅で妻に強制的に食わされているので、その反動で長期出張中はあまり食べないですね。風呂上がりに野菜ジュースを飲んだりはしていますけど、そのくらいですね」
次のページ 
自由なぼっち飯は楽しいが…
1
2





おすすめ記事