ニュース

自衛隊はクーデターを起こす意思も能力もない。だから軍隊ではない――倉山満



 日本の自衛隊の「クーデターを起こさせないようにする」とは真逆の思考だとわかろうか。自衛隊など「すごい武器を持った警察」にすぎない。これを「誰がどう見ても軍隊」など、日本列島を一歩でも出たら通じないタワゴトだ。

 仮に日本が戦争に敗れ、外国に占領され、政府が乗っ取られ、阿鼻叫喚の地獄に陥った時、自衛隊はどうするのか? そうした政府を打倒するのが軍隊なのだが、憲法典の条文に「自衛隊」の三文字を書いてあろうがなかろうが、関係あるまい。

 安倍自民党内閣は憲法改正で自衛隊を明記すると主張している。ならば野党は聞けばよい。「その場合の自衛隊は、クーデターを起こす意思と能力があるのか」と。あると答えれば私は賛成するし、ないと答えれば私は反対する。

 改憲派が言うように、自衛隊に名誉ある地位を与えるのは結構。ならば、名誉ある地位とは、軍隊であることだ。自衛隊を軍隊にするならば、クーデターを起こす意思と能力を付与する、国民全体がそれを認めるということだ。

 私は、自衛隊にクーデターを起こせと言っているのではない。今の自衛隊は、クーデターを起こせないほどに縛りつけられているのが異常であり、これでは軍隊ではないと言っている。

 私は憲法改正を主張するなら、護憲派に対し「日本国は軍隊を持つべきだ。クーデターを起こす意思と能力のある軍隊を」と訴える。

 相手に足る論争なら、どこへでも出向く。

 改憲派に対しては、護憲派に対し「日本国は軍隊を持つべきだ。クーデターを起こす意思と能力のある軍隊を」と主張する覚悟があるかと問う。その覚悟がないならば、無意味だからやめたほうが良いと諭そう。

 最後に改めて問う。

 日本国は軍隊を持つべきか?

 クーデターを起こす意思と能力のある軍隊を?

憲政史研究家 ’73年、香川県生まれ。’96年中央大学文学部史学科を卒業後、同大学院博士前期課程を修了。在学中より国士舘大学日本政教研究所非常勤職員として、’15年まで同大学で日本国憲法を教える。’12年、希望日本研究所所長を務める。同年、コンテンツ配信サービス「倉山塾」を開講、翌年には「チャンネルくらら」を開局し、大日本帝国憲法や日本近現代史、政治外交について積極的に言論活動を展開。ベストセラーになった『嘘だらけシリーズ』など著書多数
1
2

嘘だらけの日独近現代史

世界大戦に二度も負けたのに、なぜドイツは立ち直れたのか?


ハッシュタグ




おすすめ記事