雑学

振動でお酒が美味しくなる? 超音波でデキャンティングする「Sonic Decanter」

― 30代が知らないと恥ずかしい! 今さら聞けないお酒のキホン第30回 ―

 クラウドファンディング「Makuake」で600%の支援を達成した「Sonic Decanter(ソニックデキャンタ)」が2018年春に発売され、筆者はもう半年以上使い続けています。このガジェットは「超音波でワインやウイスキー、日本酒を熟成させられる」というものです。

「Sonic Decanter(ソニックデキャンタ)」

 超音波でお酒が熟成すると聞くと、眉につばを付けたくなる人もいるでしょう。昔なら、筆者もそうだったかもしれません。しかし、筆者は海底熟成ウイスキー「トゥールビヨン」という商品を販売している経験から、「振動」がお酒に変化をもたらすことは知っていました。超音波でどうなるのかがわからなかったので、いろいろと実験を続けています。

 結論からいうと、もちろん効果はあります。お酒の味わいがまろやかに変化し、明らかに美味しくなるボトルもたくさんあります。特に筆者が大好きなウイスキーの変化も面白いです。

超音波でお酒を熟成させる「Sonic Decanter」の使い方


「Sonic Decanter」に水を入れてボトルを入れ、スイッチを押すだけで、超音波が発生します。白ボタンが15分、赤ボタンが20分です。普通のボトルであればそのまま入りますが、入らない場合は別の空瓶に移し替えればいいでしょう。時間が経過すると止まるので、飲んでみましょう。

「Sonic Decanter」に水を入れます

今回、ソニックデキャンタするのは「シャトー・コルバン・ミショット 1997」

ボトルを入れスイッチを押します

 傾向としてはアルコールがまろやかになり、香りの印象もずいぶん変わります。味わいでは、甘さが浮き上がってくる感じです。変化の具合や量はお酒によって大きく異なります。同じウイスキーでも、変化が感じにくいものから、驚くほど美味しくなっているものまであります。中には、確かに熟成年数が進んだボトルに近い味わいになっているケースもあります。これが「振動」の力です。

 液体の状態を科学的に判別することは難しいのですが、「Sonic Decanter」を利用するとSO2やPh値、アントシアニン、揮発酸が減少すると謳っています。筆者ではこの違いはわかりませんが、レベルの差はあれ、味と香りに変化が起きていることは確かです。

赤ワインは20分間超音波を当てます

まずはボルドーグラスでキャンティング前のワインをテイスティングしておきます

次のページ 
そんなに美味しくなるの?

1
2





おすすめ記事