雑学

余市と宮城峡にも1本30万円の限定品が登場。スペシャルボトルの味わいやいかに!?

― 30代が知らないと恥ずかしい! 今さら聞けないお酒のキホン第45回 ―

 2019年5月、ニッカウヰスキーの宮城峡蒸留所が設立50周年を迎えます。その記念として、2本の数量限定商品が発売されました。「シングルモルト宮城峡 リミテッドエディション2019」と「シングルモルト余市 リミテッドエディション2019」です。

700本限定1本30万円の「シングルモルト宮城峡 リミテッドエディション2019」

 それぞれ1960年代、70年代、80年代、90年代、2000年代といった5つのディケイド(10年)の原酒をヴァッティングしたシングルモルトウイスキーとなっています。年数表記にしてしまうと、一番若い原酒に合わせる必要があるので、今回はリミテッドエディションと銘打っています。1960年代、70年代の原酒は超絶レアものです。80年代といったって、ついこの前のような感じもしますが、すでに39年前ということです。

 特に宮城峡は、宮城峡蒸留所で初めて蒸留したファーストドロップの原酒を使っています。これはもう宮城峡ファンであれば垂涎でしょう。

 そのお値段、30万円(税別・希望小売価格)。しかし、たった各700本の限定です。両方とも即、買いました。筆者は、2011年の山崎50年を買わなかったことを今でも後悔しており、迷いませんでした。

700本限定1本30万円のスペシャルボトルをすぐに飲んでいいのか……


 で、さっそく開封してみました。

 分厚いクッション段ボールから中身を取り出し、外箱を外すとブラックのケースが出てきます。片開きでぱたっと蓋を開くと、木の箱がお目見えします。それぞれの蒸留所がプリントされており、開くとブラックボディが鎮座しております。容量は700ml、度数はどちらも48%です。

待望の2本が到着しました。さっそく開封してみます

黒いケースを開くと木箱が出てきました

 中身が見えないので、あまり高級感がない(失礼!)ですが、実際にお金を払った身としてはずっしりとした手応えを感じます。とはいえ、フロスト加工されたブラックボディに、宮城峡と余市の文字が白で描かれているのはカッコいいです。

ブラックボディが目を引きます。同梱品は小さい冊子のみ

次のページ 
そのお味は……?

1
2





おすすめ記事