ライフ

わかって飲みたいグレーンウイスキーの魅力。シングルモルトの廉価版は大間違い

― 30代が知らないと恥ずかしい! 今さら聞けないお酒のキホン第42回 ―  ニッカの「カフェグレーン」やサントリーの「知多」は、どちらもグレーンウイスキーです。このグレーンウイスキーとシングルモルトウイスキーをブレンドしたものが、ブレンデッドウイスキーとなります。

日本でもグレーンウイスキー単体の製品が認知度を高めてきています。写真は「知多」

 グレーンウイスキーは、原材料に小麦や大麦、トウモロコシといった穀類を使っており、蒸留も連続式蒸留器で行います。シングルモルトウイスキーは大麦のみを使い、単式蒸留器で複数回蒸留します。シングルモルトウイスキーは、濃厚で蒸留所によって味わいが大きく異なるため、ラウドスピリッツと呼ばれます。それに対して、風味が穏やかなグレーンウイスキーはサイレントスピリッツと呼ばれています。  グレーンウイスキーはバーボンに近いとも言えますが、バーボンはアメリカで作る必要がありますし、トウモロコシを51%以上使う必要があります。熟成も新品のオーク樽を使わなければなりません。基本的には別物と考えてよいでしょう。

原材料だけじゃないシングルモルトとの違いとは?

 蒸留器についても押さえておきましょう。シングルモルトウイスキーを作るときに使われる単式蒸留器は、ポットスチルと呼ばれます。やかんのお化けのような形をした蒸留器の中にもろみを入れて80度くらいに加熱し、水より先に沸騰するアルコール分を取り出して冷却し、液体化させます。このときのアルコール度数は65~70度です。

シングルモルトを蒸留するときに使われるポットスチル=単式蒸留器です

 連続式蒸留器はもろみ塔と精留塔が組み合わされ、塔の中にはたくさんの棚があります。上からはもろみを流し、下からは熱した蒸気を送ります。もろみから蒸発した気体を冷却して、液体化させます。この方式で取り出した液体のアルコール度数は94度にまで高まります。  連続式蒸留器は構造的に大量生産が可能で、ウイスキーのコストダウンが可能になります。蒸留できるアルコール度数が高いので、材料の風味が単式蒸留ほど濃く出ません。そのため、個性の強いシングルモルトと合わせて、飲みやすくするように使われているのです。

知多蒸留所の連続式蒸留器

次のページ 
知っておきたい日本のグレーンウイスキー
1
2
Cxenseレコメンドウィジェット
おすすめ記事