仕事

50代で強烈な“肩たたき”に…思い切って海外転職してみた結果は?

 時代の変わり目に合わせるかのごとく、企業の“人切り”が急速に進む昨今。その犠牲になろうとしているのが45歳以上の会社員たちだ。50歳を前に長年勤めた会社を追われた人たちは今、何を思うのか? 退職に至るまでの経緯と、当時の心境を当事者たちが振り返る――。
リゾート

※写真はイメージです

退職後の海外転職で安住の地を獲得!

[退職満足度100%]原田淳史さん(仮名・55歳) 前職の年収 650万円/退職金 3000万円/現在の年収 約600万円  ’17年に大手機械メーカーのグループ企業を早期退職した原田淳史さんは、会社から受けた強烈な退職勧奨について次のように明かす。 「早期退職者の募集発表後、会社は45歳以上の全社員と面接を行いました。そこで辞める気がないと伝えましたが、翌月に行われた2回目の面接では『あなたに用意できる仕事がない』と言われたんです。辞めろとハッキリ勧告されたわけじゃないですが、この状況では私の居場所は社内にないのも同じ。悔しかったですが、早期退職に応募するしかありませんでした」  エンジニアとしてそれなりに評価されていたが、それでも年齢を考えると、再就職には不安しかなかったと当時の心境を振り返る。 「面接で退職の意思を示しながら撤回して書類を提出しなかった社員がいたことを知り、自分も一瞬そうしようかと思いましたがプライドが許さなかった。私は離婚していて独り身でしたし、いざとなればどんな仕事でもなんとか食ってはいけるはずと開き直って早期退職することにしました」  そんな原田さんが転職先に選んだのは、国内ではなくベトナムにある日系企業。きっかけはたまたま見つけたブログだという。 「それで調べてみたら50代でも働けそうなエンジニア系の求人が多く、給料などの条件もそれほど悪くない。旅行を兼ねて現地で面接を受けたら採用されたので、お世話になることにしました」

元同僚たちも羨ましがる海外転職生活

 職場はホーチミン郊外の工場で、現場監督兼現地スタッフへの指導役として勤務。年収は約600万円だがベトナムのほうが物価が安いため、プール付き高級コンドミニアムに住むなど日本よりもずっといい暮らしをしている。 「現地採用は1年ごとの契約更新のため、不安定ですし、退職金もない。ただ、営業と違って技術職は60代で働いている日本人が結構いるんです。老後の蓄えに余裕があるわけじゃないですし、こちらの生活リズムにもずいぶんと慣れてきたので、できればあと10年以上は働きたいですね」  そんな海外転職生活を満喫する原田さんを元同僚たちも羨ましがっているとか。 「日本に残っていれば、こうはいかなかったはずです。今の状況も単に運がよかっただけで、その点では周囲の同年代よりもだいぶ恵まれていると思います」  災い転じて、居場所を見つけた原田さんの表情は明るい。 ― 45歳以上はクビ!の恐怖 ―
Cxenseレコメンドウィジェット
おすすめ記事