仕事

テレワークで露呈した“貢献度の低い社員たち”。大量リストラの未来が…

 コロナショックの不安が止まりません。会社員にとっても自社での派遣切り、バイトのシフト解除が早々に起こったのを目の当たりにした人も多いかと思います。次に正社員はどうなるのか、いったいいつまでこうした不安は続くのか……。しかし、そうした世間の不安をよそに、のびのびと過ごしている恵まれた会社員もいます。  経団連の調査では97.8%の企業がテレワークを実施していると回答、コロナショックが話題になり始めた2月からすでに優良大手企業では本社を中心に在宅勤務は始まっていました。恵まれた中高年が幅を利かすFacebook上では「在宅2か月目突入」から始まり、能天気なポエムや日々のニュースの感想を「俺、情報の最先端を行ってるぜ」ということを滲ませながら書きこんだりしています。普段から日中はヒマにしていて帰りに飲み屋にいっていただけなのに「たまには子供と過ごすのもいいね」など「俺忙しかったんだぜ」アピールに余念がない大手企業のサラリーマンも見かけます。  そんな労働力のコストパフォーマンスが高かった会社員、平たくいえば、「恵まれた会社であんまり働かないでも許されてきた会社員」はコロナショックが沈静化した直後にいよいよ悲劇が訪れることが推測されます。高給取りへのリストラがかつてない規模で発生するでしょう。

実は逃げ場がない「テレワーク空間」

 実際に対面で話しているのとテレワークの大きな違いは、余計な会話が起こりにくいという点です。議題に沿った会話を軸にチャットやミーティングが展開され、普段なら雑談として盛り上がるような話でも、なんとなく「早く無駄話終われよ」という雰囲気になったりします。  そうすると、まず第1段階としてはミーティングの時間が短くなります。寂しいもんですが、そうなります。第2段階としては、参加者が実質的に絞られてきます。気がつけば、ミーティングには参加者が10人いるのに、話しているのは3人だけという状態に。  オンラインでのミーティングなら「カメラが壊れていて」とか「恥ずかしい」とか適当なことをいって自分の画像を消してしまえば、文字通り存在が消せてしまいます。頭の回転が速い人ならば、「音声ミュート」をフル活用し、ロクに話も聞かず、「●●さーん、どうですか?」と投げかけられたときに「あ、すみません。ミュートにしてて音出てませんでした」と言い訳しつつ、その場を逃れる返事を考えついて答えるということをやってのけています。  ミーティングの参加者も絞られるだけでなく、「会議というほどでもないちょっとした打合せ」も激減します。オフィスだと「ちょっと」と言って話しかけることは簡単でも、事前に時間を設定してその時間になったら通話をして……という手順を踏んでからやりとりを始めるほどの価値はない話題というのは数多くあります。それらが一気になくなりました。  その結果、テレワークの空間上で本当に行方不明の人が出てきます。普段からあからさまに働いていない人はもちろんのこと、なんとなく人間関係の幅広さだけで存在感を持っていた人でもオンライン空間での登場機会はぐっと減ります。ある大手総合商社では「3-4割くらいの人間が音信不通になっている。いるかいないのか本当にわからない」「でも部や会社として、何の影響もない」という話がまことしやかに流れているそうです。
次のページ
コロナショック後に待ち受けているのは…?
1
2
Cxenseレコメンドウィジェット
おすすめ記事