仕事

経費のポイント還元が横領に? リストラされた40代女性の不運

 人生も中間折り返し地点となり、あとは老後に向けてもうひと踏ん張り……というところで、これまで築き上げてきた資産が強制消去。若い頃のように無理も利かないなか、突然に訪れた悪夢にどう対処すればいいのか。さまざまな実例と類型から考察した。

イラスト/ぷちめい

経費のポイント還元が横領に? 再就職は失敗続き

~ 杉野美奈子さん(仮名・43歳)貯金600万円→400万円 ~  杉野美奈子さん(仮名・43歳)の会社は中堅ながらも役所仕事などを請け負う企業であったため、将来的には株式上場を目指すほどに勢いがあった。ところが社運をかけたアプリ開発事業に失敗すると、“口減らし”が始まった。  呼び出されたときは嫌な予感しかしなかったという杉野さんに会社が告げたのは、パソコンや備品買い出しの際に杉野さんがこっそり貯めていた、家電量販店のポイントに関すること。これが「業務上横領にあたる」との指摘があり、不問にすることを条件に自主退職を求められた。貯めたポイントは3万円ほどだが、反論の余地なく会社を離れると、待っていたのは再就職先がないという事態だった。 「若くもなく見てくれが良いわけでもなく、資格も持っていない40代女性の再就職は無理ゲーでした」  そんな杉野さんが目をつけたのは、昨今は女性も多く待遇も良いと言われる期間工。しかし、運動音痴と握力不足により不採用。続けて警備員に挑むも、面接時の挙動が不審ということで不採用に。 「正直、こういう仕事は誰でも受かるものだと思っていました。プライドを捨てて期間工と警備員の面接に落ちたことですっかり自己嫌悪になり、鬱になりました」  今はコツコツ貯めていた貯金の600万円を切り崩しながらの生活だが、1年半で既に残り400万円。このままでは数年以内に無一文だ。 「今はネットで自殺仲間募集の書き込みを真剣に見てしまいます」  しかし、たった3万円のポイント還元を理由に退職を迫るとは、会社のやり方もあんまりだ。理屈上はポイントは会社に帰属するが、もし会社がそのルールが定めていなかったなら、横領とは言えない場合もある。無料の法律相談などで一度弁護士に相談してみてはどうだろうか。

<専門家はこう見る>

・ファイナンシャルプランナー 藤川太氏……今の資金で独立開業できる方法を探ってみては? 海外に活路を見いだすなど ・レンタルCFO 鈴木吾朗氏……クラウドファンディングを使って商品やサービスを世に発信してはどうでしょう ・弁護士 川口洸太朗氏……この場合、必ずしも業務上横領罪が成立するとは限らない。弁護士に相談を 【藤川太氏】 ファイナンシャルプランナー。自動車メーカー勤務を経て、FPに。「家計の見直し相談センター」にて2万世帯を超える家計の見直しを行う。近著に『退職家計やりくりノート』(きんざい) 【鈴木吾朗氏】 レンタルCFO。複数企業で総額50億円以上の資金を調達した経験がある、資金調達および財務管理のプロ。ベンチャーのスタートアップを支援するリンクスを運営 【川口洸太朗氏】 弁護士。美容クリニック、飲食店、風俗店などまで幅広い案件を手掛ける。再開発に伴う建物や土地の明け渡し交渉など、トラブルの現場にも数多く携わる 取材・文/週刊SPA!編集部 ― ある日突然[中年で無一文]の地獄 ―
Cxenseレコメンドウィジェット
おすすめ記事