デジタル

Apple IDに直接チャージで10%のボーナスを手に入れる方法

~第74回~  AppleがApple IDへの入金キャンペーンを行っていることはご存じだろうか? 通常は、Apple IDにクレジットカードを登録し、必要に応じて課金している人は多いだろうが、実はApple IDに残高をチャージして利用することもできるのだ。クレジットカードを登録してもいいし、コンビニで購入したiTunesカードやもらったギフトコードでも入金可能。この残高は、ゲームやアプリなどのほか、音楽や映画、ブックなどでも利用できる。

入金金額の10%上乗せキャンペーンを見逃すな!

 普段からクレジットカードを登録して利用している人は、この機能を利用するメリットはほとんどないのだが、本キャンペーン中に入金することで10%のボーナスをゲットできるのは魅力的。最低100円から最大3万円までをアカウントに追加することで、10%のポイントをその場でもらえるのだ。「10%くらいじゃ、手間がかかることはしたくない」というのは早計。以下の手順に従えば、作業は数十秒もかからない。1000円チャージなら100円でも、リミットの3万円なら3000円分のポイントがもらえるのは大きいだろう。

3万円チャージして気になるのは残高の期限。いつまで?

「すぐに3万円も使わない!」と言う人でも安心。Apple IDの残高は無期限だ。逆に考えれば、残高がある限り、どのコンテンツも10%引きで購入できるということでもある。  ただし、一人1回限りなので、やるのであれば可能な限りの金額を追加しておくことをオススメする。ただし、詳しい情報を確認したところ、支払い手段やデバイス、家族のステータスなどにより、制限される場合があるとのこと。  念のため、やり方も紹介しておこう。  iPhoneの場合は、「設定」から一番上の自分の名前をタップし、「iTunesとApp Store」を開く。「Apple ID」タップすると、メニューがポップアップするので「Apple IDを表示」をタップしよう。  アカウント画面が開いたら「Apple IDに入金」をタップする。キャンペーンの対象になっていれば、「Apple IDに残高を追加すると、10%のボーナスを受けられます」と表示される。

「設定」から自分のアカウントをタップし、「iTunesとApp Store」→「Apple ID」を開き、「Apple IDを表示」をタップする

「Apple IDに入金」をタップする

 1000円から1万円までの4種類の金額が表示されているが、「その他」をタップすれば、100円から3万円の間で自由に金額を設定できる。筆者はもちろん3万円を追加する。  金額を選んで「次へ」をタップすると、支払いの承認を行う。iPhone 11であれば、右サイドのボタンをダブルクリックすることで承認できる。  これで、3万円とキャンペーンの3000円分のポイントが加算され、使えるようになる。

リストから金額を選ぶか、「その他」をクリックして金額を設定する。選択したら「次へ」をタップする

支払いを認証する

3万3000ポイントが追加された

 もちろん、追加した残高を急いで使う必要はない。本当に必要になったときに利用すればいい。残高に追加するキャンペーンは時々行われるので、見逃さずにゲットしておこう。お酒を毎晩飲むため、20年前にIT・ビジネスライターとしてデビュー。酒好きが高じて、2011年に原価BARをオープン。2021年3月には、原価BAR三田本店をオープンした。新型コロナウイルス影響を補填すべく、原価BARオンライン「Wi杯」をスタート。YouTubeチャンネルも開設し生き残りに挑んでいる
Cxenseレコメンドウィジェット
おすすめ記事