エンタメ

伊勢谷友介「人類が生き延びるため、ボクの命を使う」

 人気俳優でありながら、社会的活動を精力的に行っている伊勢谷友介氏。俳優業とはまったく異なる事業をなぜ始めたのか? その真意を聞いた。

人気俳優でありながら社会的活動も行う伊勢谷友介氏

伊勢谷友介氏

――伊勢谷さんは2009年に株式会社リバースプロジェクトを設立、衣食住をはじめとした社会的活動を広く行っています。どうしてこのような活動をするようになったのですか?

伊勢谷:僕がこの会社をつくった目的は「人類が地球に生き残ること」そして、「未来を子孫に責任を持って引き継ぐこと」です。いまの人類は戦争以外でも、いろいろなことが原因で滅びる可能性があります。原子力でも、温暖化でも、食糧や水の枯渇でも、環境破壊でも。未来が絶望的であることを思って、2回鬱になった知り合いもいます。

 経済成長がより良い未来をつくるかといったら、そうならないことはみんなわかり始めている。でも政治家は選挙で票をとらなければならないから、いまだに「経済成長」を訴えている。「では、どんな方法がいいのか?」「こうしたほうが世の中はうまくいくんじゃないか」という、具体的な方法を考えていこうと思って作ったのが、この会社です。

――活動の内容は、非常にバラエティ豊かですね。

伊勢谷:思いついたことで、できることはまずやってみようと。例えば今は、オーガニックコットンに取り組んでいます。コットンは生産を安定させるために農薬を多量に使用しています。だからこそ安いんですね。でも、それでは生産者も土地も疲弊してしまいます。

 それから、「RICE475」というプロジェクトも行っています。新潟県南魚沼市で減農薬・無農薬でコメを生産しているんです。これから田んぼにダイレクトにつながって、直接お金を払える仕組みをつくっていきたいと思っています。

 人間は何のために生きているのかと考えたら、「次の世代に未来を引き継ぐ」ということだと思うんですよ。人間以外の生物も、ただそのために生きている。そのために「命」を使うのが人の生きる意味だと思います。

 と、熱く語る伊勢谷さん。11/10発売の週刊SPA!掲載のインタビューでは、さらに詳しくその社会的活動について語っている。

<取材・文/週刊SPA!編集部 写真/中條未来(SCOPE)>

【伊勢谷友介氏】
1976年生まれ。俳優、映画監督、実業家。東京藝術大学大学院美術研究科修士課程修了。大学在学中からモデルとして国内外で活躍。現在、『劇場版 MOZU』が公開中。『リトルプリンス 星の王子さまと私』が11月21日公開。

週刊SPA!11/17号(11/10発売)

表紙の人/ 新川優愛

電子雑誌版も発売中!
詳細・購入はこちらから
※バックナンバーもいつでも買って、すぐ読める!




おすすめ記事