おっさんの“イタい”Facebook投稿――昔の免許証を「たまたま整理してたら出てきた」とアップ

 昨年8月に利用者数が全世界で10億人を超えたモンスターSNS『Facebook』。日本でも約2400万人(2015年3月時点。株式会社セレージャテクノロジー調べ)が登録しており、今やFacebookは若者だけのものではなく、40歳を超えたおじさんまでもが利用するコミュニケーションツールとなっている。

 だが、これまでSNSなどロクに利用して来なかった40代。ネットリテラシーなどなんのその、若者が眉をひそめるような投稿を連発しているケースも少なくない。

 都内で働く20代OLにおじさん達の「イタい投稿パターン」を聞いてみた。

速報おっさん


「朝ニュースで流れていたタレントの不倫報道を『ショック!好きだったのに…』の言葉とともに投稿。自分が報道機関かなにかと勘違いしている」(26歳・広告)

「古舘伊知郎の『報道ステーション』降板を社内でいち早くシェアしてきた。向こうでドヤっている顔が想像できて何もリアクションしてない」(24歳・ライター)

政治に口出しおっさん


「とりあえず政治に関心があるよってことを言いたいんだろうけど、自分の物差しで語っているから同調しづらい。自分がそれにいいね!したとしても、同じように関心持ってるアピールしている感じになっちゃうし」(27歳・メーカー)

SEALDsに一定の理解を示しつつも、結局最後は自分の主張をするのがウザい」(26歳・IT)

ペット動画シェアおっさん


「普段は堅物な上司がかわいい一面を持ちあわせていることをアピールしたいのか、子猫が眠っているGIF動画をシェアしてきた。ほかには子犬がよちよち歩きをしているものもあった。でも、どれもちょっと前に見たやつなんですよ」(28歳・商社)

「若い!」コメント待ちおっさん


「昔の免許証の写真などを『たまたま整理してたら出てきた』の言葉を添えて投稿。『若い!』というコメントをして欲しいんだろうなあと思って萎えた」(25歳・メーカー)

「これまで大してアクティブな趣味を持っていなかった上司がジムに通いだして3ヶ月、体内年齢が実年齢を下回った報告をしてきた。あくまで体内だから見た目は変わらないのに」(29歳・IT)

締めの言葉添えおっさん


「ラーメンオタクの上司が、どこで修行した店主だとか、製麺所はどこかとか、こっちとしてはどうでもいいウンチクを一通り語るんだけど、必ず最後に「美味しゅうございました」との言葉を添えて写真を上げてくる。もう「旨かった」でいいじゃん」(27歳・IT)

「女性向け媒体で特集されるような”こんな上司は嫌だ”というネタに対して、調査自体に「そんな上司いるのかw」とネット用語を使って当事者ではないことをアピールしてる」(28歳・サービス)

 Facebookを頻繁に利用しているおじさん達は今すぐ自分の投稿を見返してみてほしい。もし当てはまっているのならキケンな兆候。すでに多くの後輩に非表示にされているかも? <文/日刊SPA!取材班>

20代50.3%、30代38.1%、40代31.5%と女性人気No.1!飲み会で知っておくべき女性好みのお酒とは?

20代50.3%、30代38.1%、40代31.5%と女性人気No.1!飲み会で知っておくべき女性好みのお酒とは?
sponsored
 いつの間にか、セミがガンガン鳴きだして夏がきたと感じる昨今。今年の夏は、2010年以来の猛暑が予想され、連日うだるような暑さを覚悟しなくてはならない…

連載

ばくち打ち/森巣博
番外編その3:「負け逃げ」の研究(12)
メンズファッションバイヤーMB
「クールビズ」がダサく見えるのはなぜ?
山田ゴメス
妊婦でAV出演を決めた、貧困シングルマザーの事情
オヤ充のススメ/木村和久
名古屋喫茶の雄「コメダ珈琲」上場で変わるカフェマーケット
フミ斎藤のプロレス講座/斎藤文彦
ホーガンがWWEと“絶縁”した日――フミ斎藤のプロレス講座別冊WWEヒストリー第140回
英語力ゼロの46歳バツイチおじさんが挑む「世界一周 花嫁探しの旅
「俺と二人で旅がしたいの?」――46歳のバツイチおじさんは男前すぎるセリフを真顔で言い放った
原田まりる
ファミレスで隣の席の会話に聞き耳を立てていたら、大喜利を観覧したような気分になった話
18歳女支配人・このみんの経営学「私のミカタ」/園田好
「なんで飲食業でモデルみたいな恰好してるんだ?」ロスの税関で4時間尋問を受けて感じたこと
大川弘一の「俺から目線」
俺の問題にはなるな――連続投資小説「おかねのかみさま」
プロギャンブラー・のぶき「人生の賭け方」
「ポケモンGO」を配信前の日本でプレイしてみたよ 秋葉原でポケモンゲットだぜ!
フモフモ編集長の今から始める2020年東京五輪“観戦穴場競技”探訪
吉川晃司もやっていた“東京五輪最強の穴場”競技とは?
おじさんメモリアル/鈴木涼美
「顔じゃなくて知性で女を選ぶ」男の無知性
僕が旅に出る理由 in India/小橋賢児
北インド秘境で「宇宙に住んでいる」と実感した――小橋賢児・僕が旅に出る理由【最終回】

投稿受付中

バカはサイレンで泣く 投稿受付中
佐藤優の人生相談 投稿受付中