不正があってもVWやアウディのクルマを買うならディーゼル車が一番

しつこいようですが、昨年世界的大問題となったVWの不正車は、日本には正規輸入されてません。しかし、日本でもVWのイメージはガタ落ち。世界でもっとも売れ行きが落ちたそうです(不正車は売ってないのに)。そんなVWが、今年ディーゼル車を日本で導入する模様。VW車のベストを狙う千載一遇のチャンス到来です

スキャンダル後だから狙い目!? VWのディーゼル導入が待ち遠しい理由MJブロンディ=文 Text by Shimizu Souichi

スキャンダル後だから狙い目!? VWのディーゼル導入が待ち遠しい理由


 VWスキャンダル発覚直後の昨年10月、世界でもっともVW車の売れ行きが落ちたのは、前年同月比48%減の日本で、第2位は同46%減の韓国だったようだ。

 ただし日本には、VWの不正ディーゼル車は1台も正規輸入されていない。対する韓国では、ガソリン車よりディーゼル車のほうが人気で、不正ディーゼル車が合計12万台も売られていた。

 その後韓国では、販売巻き返しのため現地VWディーラーが大幅値引き策を展開。翌11月には売れ行きが66%も急増している。

 日本のメディア的には、「VWが大打撃! 全世界で大幅販売減」と予定調和的に書きたかったろう。なんせ日本では、まったくカンケーないそこらのババアまでもが、「ワーゲンってひどいわよね!」と怒ってたくらいだから。

 ところが実際は、VWの世界販売減は2~3%にとどまっている。じゃ、なぜ日本だけこんなに減ったのか? 正義感の強さゆえか、あるいは村八分の伝統でしょうか!?

 確かに不正はあったわけですが、正直なところ、不正ディーゼル車の走りは最高だった(現地レンタカーで確認済み)。個人レベルで見ればVW車は間違いなくいいクルマで、だからこそこれほど大規模な不正発覚にもかかわらず、グローバル販売台数はそんなに落ちていないのである。

 つーことで、VWとその子会社のアウディの、比較的新しめのモデルを一気に乗って、どんぐらいいいクルマか、あらためて確認しました。

 まずVWの新型パサート。本当なら昨年末、VW車として第一弾となるクリーンディーゼルが投入されていたはずのモデルだ。一見マジメそうなデザインだが、すんごく横幅が広く見えて威圧感もあり、カッコいい。実際横幅は1830ミリもあって日本ではちょっとデカ過ぎるが、走りはメッチャしなかやで乗り心地抜群。猛烈に癒される。

⇒【写真】はコチラ http://nikkan-spa.jp/?attachment_id=1024926

今年のオススメはパサート・ディーゼルだ!

今年のオススメはパサート・ディーゼルだ!【VW】Passat 329万円~ ※ディーゼル車の価格は不明

 エンジンは今のところ1.4リッターのガソリンターボのみ。パワー的にはちょうどいいが、これに2リッターのクリーンディーゼル(今度はホントにクリーン)が載れば、かなり無敵のロングツアラーになろう。VW日本も「近いうちに必ず入れます!」とのこと。日本では村八分を恐れる風習ゆえ、しばらく売れないかもしれないが、性能は猛烈に期待できる。

 続いて久々にゴルフに試乗。発売当初に比べて乗り心地が劇的に向上し、実にいいクルマになっていた。あまりにも出来過ぎで満たされてしまうのが欠点か。

 刺激が欲しいカーマニアには、ゴルフR、ゴルフGTI、ポロGTIに6速MT車がラインナップされている。今どき超珍しい輸入車のスポーツMT、どれも大変スバラシイ。特にポロGTIのじゃじゃ馬感には感動した。シビックタイプRが抽選で外れた人にオススメですね。

Golf GTI(MT)389万円~

Golf GTI(MT)389万円~

 アウディもVW同様、不正ディーゼル車を生産していたが、日本ではVWに注目が集中しているので、販売減は3割ほど。村八分度は比較的低い。まず新型TTSに試乗。相変わらずエリート感満点だが、見た目はあんまり変わり映えせず、走りもスポーツカーとして物足りない。これならゴルフRやポロGTIのほうが断然楽しい。これはいらん。

⇒【写真】はコチラ http://nikkan-spa.jp/?attachment_id=1024927

 それに比べて、アウディ最安のA1 1.0TFSI(249万円)はステキだった。3気筒1000ccエンジンはクオーンと軽やかに回り、乗り味はほとんど高級車。ものすごく”わかってる感”が高い。ここまでの高級感は兄弟車のポロにはない。やっぱアウディって最安モデルでもエリート感が高いね!

⇒【写真】はコチラ http://nikkan-spa.jp/?attachment_id=1024930

 最後にS6に試乗。ウルトラ高いエリート臭はもはや嫌味レベル。超高精度な作り込みはさすがのスーパーエリートぶりだ。エンジンは4リッターV8ターボで450馬力を誇るが、あまりにもクルマが重く(約2トン)、そんなに速くありません。お値段も1300万円と大変お高くなってます。

⇒【写真】はコチラ http://nikkan-spa.jp/?attachment_id=1024932

【結論】
VWもアウディも、まもなくクリーンディーゼルを日本に導入する。それを真っ先に買う人は超わかってる! なぜってVW車のベストはディーゼルだから。村八分が怖い人はVWよりアウディにしておくと若干安心かも

「島耕作シリーズ」の作者が語る多様化する働き方とコーヒーの関係とは?

「島耕作シリーズ」の作者が語る多様化する働き方とコーヒーの関係とは?
sponsored
「朝活・夕活」に代表される労働時間の見直しや、仕事と育児の両立といった「ワーク・ライフ・バランス」が注目を集める昨今。人々の働き方も多様化しているが、…

連載

ばくち打ち/森巣博
番外編その3:「負け逃げ」の研究(22)
メンズファッションバイヤーMB
最速で「中年男性をおしゃれに見せる」魔法のアイテムとは?【プロが断言】
山田ゴメス
最近、激増している「副業・AV女優」の本音に迫る!
オヤ充のススメ/木村和久
キャバクラか風俗か――。人生最大の問題に終止符を
フミ斎藤のプロレス講座/斎藤文彦
近未来の“超大物”ハンターがデビュー ――フミ斎藤のプロレス講座別冊WWEヒストリー第190回(1995年)
英語力ゼロの46歳バツイチおじさんが挑む「世界一周 花嫁探しの旅
「パソコンもカメラも買い直すしかない」――46歳のバツイチおじさんはインドのシリコンバレーを目指した
原田まりる
尾崎豊で意気投合し、タクシー代がタダになった夜
大川弘一の「俺から目線」
こんな自由にお前は出会ったことがあるか――連続投資小説「おかねのかみさま」
プロギャンブラー・のぶき「人生の賭け方」
おっぱいポロリのある地上波番組『ケンコバのバコバコテレビ』に出演して感じたこと
爪切男のタクシー×ハンター
虹の根本にある素敵なもの
フモフモ編集長の今から始める2020年東京五輪“観戦穴場競技”探訪
東京五輪でチケットなしでも“絶対生観戦できる鉄板競技”とは?
元SKE48/SDN48・手束真知子の「フリーランスアイドル論」
アイドルは私生活まで“キラキラ”してないといけないの!? 現実とのギャップに困惑
おじさんメモリアル/鈴木涼美
「顔じゃなくて知性で女を選ぶ」男の無知性
僕が旅に出る理由 in India/小橋賢児
北インド秘境で「宇宙に住んでいる」と実感した——小橋賢児・僕が旅に出る理由【最終回】

投稿受付中

バカはサイレンで泣く 投稿受付中
佐藤優の人生相談 投稿受付中